見出し画像

河童と遭遇した祖父に描いてもらった河童絵から気づいたこと

私には祖父がいる。

昭和2年4月生まれで2020年現在で93歳になる。

今は青森県つがる市柏で近所の温泉に通う生活を楽しんでいる。

今をさること7年前の夏に祖父を青森県にたずねた際、かねてより聞いていた話をあらためて切り出してみた。

というのも祖父は若いころに河童と遭遇したというのだ。

遠野物語や水木しげる漫画でお馴染みのあの河童である。

こういった話の場合、「信じる?」「信じない?」から入ると思われるが、のんきな私は「河童がいる前提の世の中の方が楽しそうだ」と漠然ととらえていたふしがある。

そこでそのままストレートにお願いをしてみたわけで。

「見た河童を描いてほしいです」と。

祖父はやや考えこんで、「いきなり描いてと言われても」というようなことを津軽弁でつぶやいていたので「これは難しいかな」という雰囲気だった。

それが翌日、さっと色紙に描いた河童絵をくださったわけで。

画像1

「昭和拾六年最夏ノ河童」と書かれていた。

祖父は当時14歳。

西暦にして1941年。

第二次世界大戦のさなか。

7月にはアメリカが世界初となるテレビ放送を開始した夏。

田んぼの近くの小川のほとりでこの河童と目があったという。

「目がきらきらしていた」というのが印象的だったらしい。

そして、休んでいるようにも見えたと。

気づくと河童は川に飛び込んで消えたそうな。

柏のあたりでは川のそばに河童の絵が描いてある看板などがあり、川遊びへの注意を河童をもちいて呼びかけていたりするところがある。

河童が人々にとって身近な存在であったのであろう。

この絵から気づくことはまず、髪の毛があること。そして、腕や背中、腰のあたりにも体毛がありそうであること。

そしてなにより人間的な意思をもった瞳である。

この河童の姿に思いをはせずにはいられないわけで。

そこで急に現代の現実生活に立ち返ってみるとどうだろう。

「今までの実例ですと~」「これらの統計から出したシミュレーションとしましては~」「客層を具体的に描いていないと~」「この外部環境と今の持っている資産をかけ合わせまして~」「アメリカやヨーロッパではこういう例が出ていまして~」

大人な話、既にある情報の中から常識的なものを選んで組み合わせながら話していることがほとんどでありまして。

そういった前例からの分析の大切さは身に染みてわかっているものの、この河童絵を前にすると「現実生活での前例主義はなんとも広がりのないスタンスだなぁ」と。

もっと大きく深く世界を楽しもうよ、と河童が誘ってくれている気になる一枚なわけで。

「そんなまさか」「これって映画以上じゃん」「前代未聞」「ここにいる自分たちだけが味わっている」みたいな熱狂ゾーンが生まれるしくみにはこの「河童はいるよ」エッセンスが大切だと筆者はいつも企画立案時に考えて加えるようにしている。

どんなに前例主義に凝り固まった企画でも「まてよ、この企画に河童はいるかな?」と立ち止まって企画書を眺めなおすことによって新たな気づきが生まれ広がりのあるビジョンが生まれてくる。

祖父が河童に遭遇したというエピソード自体がもたらしてくれる気づきと高揚感が私にとってなによりの宝物であり、それを皆さんと分かち合いたく記事とさせていただきました。

ああ、自分も河童に遭遇したい。

今年も皆さんに素敵な「日本の夏」が来ることを願いつつ。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
★★感謝です★★
2
中小企業診断士。神奈川県相模原市出身。早稲田大学出身。 熱狂(フリーク)が起きる瞬間(モーメント)をプロデュースする川口です。 映画、グルメ、旅行、漫画、舞台、レジャー、アート、ゲーム、アウトドア、手芸、国際交流などジャンルレスで企画してまいります。
コメント (2)
こんにちは!!初めまして!
私も以前、青森県五所川原市に住んでいて、今も祖父母は五所川原にいます。
妹も森田村にいるのですが、河童さんに会えそうな土地柄ですよね☆
地元の話なので、スゴク興味深く、読ませていただきました。

妖怪の話、スキです。
自分もnoteにお話を記してますが、妖怪の話をいつかちゃんと色々創作したいと思っていたので、川口さんの河童がいる前提の世の中の方が面白そう、という思いに共感しました。私もそう思います。
ありがとうございました。
ふく子さん、大変貴重なコメントをいただきありがとうございます!
五所川原市や森田村などご縁ですね♪
あのあたりの風景が大好きです(食べ物も)。
河童のこの記事は祖父の絵ということもあり渾身の思いで書いてみたのですが今のところあまり響いておらず少し自嘲的に「河童記事はとばしすぎたか」と家族に笑って話していたのですが、ふく子さんに救われました。
大変ありがとうございます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。