見出し画像

【マイ哲学】思考法(試行錯誤中)

frdm

こんにちは!
frdmです。

今回は最近マイブームのマイ哲学です。

最近、色々と本を読み、Youtubeをい見たりしていて気付いたこと。。。

仕事、恋愛、プライベート・・・それぞれに「こうした方が良いよ!」的な教えが色々ありますが、個人的にまず最初にやることは

「執着を捨てる」

だと思ってます。

わかりやすいところで例を出すと・・・

・受注するには出来るだけ多くの顧客に営業をかけた方が良い。
・彼女を作るためには一人の子に集中するより、複数の子を同時並行で攻略した方が結果が出やすい。

と色々な本などで語られてるかと思いますが、この二つに共通しているのは「執着しない」ということかなと思っています。


逆に自分自身が

・同じ営業マンが何回も営業してくる。
・女の子に「あなたしかいない」的に迫られる。

こんな状況だとしてどう感じますか?
ぶっちゃけ「うざい」「キモい」ですよねw

この「ウザキモい」現象が「執着」ですw
これ、何気に普段から気にしてないとすぐ「執着」の罠にかかってしまいます。。

多分ですが、この「執着」には潜在意識的に「これを失ったらヤバい」ってすり込みがあるから、知らず知らず「執着」から逃れられない罠にかかってしまうのではと考えてます。

この執着の話は「投資」の考え方に近いかも。
1点に資金を投下するより、分散投資の方がリスクが少ないのと同じはずなのに、何故か自分自身のことになると「執着」が働いて1点に資金、労力を投下してしまう現象がよく起こります。

潜在意識は「安心、安全」が好きらしいのですが、「失ってしまう恐怖」で「執着」が発生するのかもしれません。

本来は「執着」して1点投下するより、「リスク分散」で複数の案件にアプローチする方が格段に「安心、安全」なはずです。

ではどうすれば「リスク分散」が「安心、安全」として潜在意識に理解させるのかというと「複数の案件を同時に走らせる」方法が良いかなと考えています。。。

もし「見込み営業顧客がたくさんいる」「落としたい女性が複数いる」状態だったら・・・
※落としたい女性に関しては人道、倫理に反しない程度に。。。

「次いってみよう!!」

というマインドで次に移行できますよね?
こんな感じで自分は乗り切って行くようにしています。

また最初は断られてたけど、ふとしたときに前にアプローチしていた方からお声がけいただくこともたまにはありますw


別の角度から見ると、昔から「追えば逃げて逃げれば追う」とういう格言(?)があるように、執着がなく「次いってみよう!」マインドであれば、今まで営業かけてた営業先や、落とそうと思っていた女性からすると「あれ!?もっとグイグイ来ないの??」という気持ちになると思います。

そうなれば・・・

「逃げれば追う」状況が出来てこれでほぼ「勝ちコース」の完成ですw

とはいえ、全部が全部「逃げれば追う」方ではないと思うので、この前にも記載している通り「勝ちコース」も執着を捨てるため複数の「勝ちコース」を作り出す必要があるのかなと思います。

この手法は多分、世に言う「引き寄せ」ってヤツと同じなのかもしれませんね。。。

どちらにせよ経験上ですが「執着」は持っていてもロクなことが無いのでサッサと捨てた方が良いです。

次行ってみよう!!


では。。。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
frdm
中二病歴約30年のデジタルコンテンツクリエーター。 WEB、グラフィック、動画制作を20年くらいやらせていただいております。 クライアント様と一緒に「面白い」「楽しい」「嬉しい」を創ることを心がけて日々生きております。