見出し画像

あれから夏は、彼女の不在と共にやってくる。

毎年、6月。夏が始まる季節。彼女に会うため、高尾へ行く。
空の青、湿った空気、虫の音、世界が今年も夏が訪れることを告げている。

7年前のあの夏、私たちは、彼女を失った。
彼女を見送った日は梅雨らしくシトシト降り続けていて、
会場に入りきれない人たちが、傘をさして並んでいた。
誰かが煙草を買いたいと言いだし皆でコンビニに寄り、
各々ジュースや酒を買い、涙として流れた水分を補った。
雨を見ては「彼女が泣いているね」と私たちは言ったし、
翌日晴れれば「天国で彼女と神様が出会えたかな」なんて私たちは話した。
でもそれらは、私たちが私たちのために勝手にこしらえた物語で、
本当は彼女と全く関係ないし、彼女に伝わることもない。

つぎの夏が来て、高尾へ行った。
彼女と仲の良かった4人で、冷たい石の前で彼女の愛唱歌を口ずさんだ。
雨上がりの夕方、空には虹がかかり、
「彼女が見守っていてくれてるね」などと話したが、
そんなのも私たちが私たちのために言い聞かせる言葉でしかなく、
虹は直ぐに消えたし、彼女は不在のままだ。

また夏が来て、高尾へ行った。
「天使になって、天国でもモテて、神さまをたぶらかしているのかな」、彼女の元カレが言った。
「ほんと人たらしだったからな〜」、私の親友である、彼女の妹は答えた。
飛び切りの美人でもなく、アイドル級の可愛さを持っているわけではないけれど、
彼女はとにかく、よくモテた。老若男女、出逢った全ての人が、彼女に恋してた。
私たちは今も、彼女に片想いしたままだ。

それからまた夏が来て、高尾へ行った。
大勢で集まって彼女の思い出話をして楽しかったけれど、
これ以上に彼女との思い出は増えないと気付き、やがて寂しくて泣いた。
いつのまにか私は、彼女がこの世から去った年齢になっていた。
仲間たちも等しく、年を重ねていた。
すこし年取ったみんなが揃っているのに、彼女だけがいなかった。
彼女は、記憶の中にしかいなくって、若くて清らなかなままだ。

そうやって夏が来るたびに高尾へ行くけれど、あいもかわらず彼女はいない。
何度会いに行っても、彼女がもう世界から失われたことを知らされるだけである。


BGM:ひこうき雲

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ありがとうございます。貴殿の貴重なサポートは狐の餌代に回させていただきます。

おすす麺10選⑦葡萄山椒の麻辣麺/箸とレンゲ (阿佐ケ谷)
28
耳かき狐のミミだよ。アートに生きてロックに死にたいっ
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。