見出し画像

fotomoti事務局のウラガワ-その1-SNSの選出について

少しずつですが暖かくなってきましたね。在宅勤務の時は息抜きにベランダにでて外を眺めたりしている、fotomoti事務局のまっきーです。
先日投稿した「撮ってほしいおうちレシピ募集」の記事は読んでいただけたでしょうか?まだまだ絶賛フォトレシピ募集中ですので、コメントお待ちしております!

さて、前回はわたしの趣味を少し書きましたが、fotomotiでは何をやっているかというと、主にfotomoti公式SNSの投稿やfotomoti内の特集ページの企画・選定をやっています。

今回はわたしの担当領域のひとつ、

fotomoti公式SNSでのフォトレシピ選出基準(フィーチャー)

について書きたいと思います。

ご存じだと思いますが、fotomotiではnoteのほかにInstagram、Twitterのアカウントを運営しています。
知らなかった!という方はぜひフォローお願いします♪
■fotomoti公式Instagramアカウントはこちら
■fotomoti公式Twitterアカウントはこちら

SNSでは主に、fotomotiに投稿されたフォトレシピをフィーチャー(紹介)しています。

▼Instagramの例

画像2

そこで今回は、

どんな基準でフィーチャーされるフォトレシピを選んでいるのか!

ということを、過去にフィーチャーしたフォトレシピを例に出しながらお伝えしたいと思います!

その1:概要や撮影のコツから写真への思いが伝わってくる

撮影した理由、投稿した写真にどんな思いがあるのか、なにを思ってシャッターを切ったのかなど、

撮影のコツとあなたの写真に対する思いが伝わってくるフォトレシピをフィーチャーしています。

例えばこちらのフォトレシピ↓

お子さんが頑張って登っていることや、愛犬がベンチから見守っている姿など、フォトレシピならではといえる、写真のストーリーが伝わってくる一枚です。

その2:撮影のコツが詳しく書いてある!

写真のコツには6つの項目があります。すべて埋めてとはもちろんいいませんが、項目が多いレシピのほうが読んでいて、

工夫のしかたや写真への試行錯誤が伝わってきて面白いなと感じるフォトレシピをフィーチャーしています。

例えばこちら↓

なぜ被写体ではなくリンゴをメインにしたのか、雪を目立たせた理由やほかにもこんな撮影をしたなど試行錯誤したことが伝わってくるレシピです。

その3:プロフィールにSNSが登録されている!

これが実は一番大事な要素かもしれません…!
基本的にはfotomotiにSNSを登録してくださっているユーザー様を紹介しています。(例外はあります。)なのでぜひ、

プロフィール→マイページの編集→Webサイト/SNS

の手順で、SNSアカウントの登録をお願いします!

画像3


ちなみに…fotomotiへの投稿のみが対象となります。SNS上で、#fotomotiや#フォトレシピのハッシュタグつけていただくことはとてもうれしく、チェックはしていますがフィーチャー対象にはなりません。
ごめんなさい…。
投稿写真も、よければfotomotiに投稿いただけると嬉しい限りです!

参考に少しでもなりましたでしょうか?フォトレシピの書き方自体がよくわからない…という方はこちらも参考にしてくださいね♪

今回は【fotomoti事務局のウラガワ-その1-】として書かせていただきました。いかがでしたでしょうか?まだまだユーザー様にお見せしていない、ウラガワはたくさんあるので更新していきたいと思います。

ちなみになぜ【ウラガワ】が漢字ではないのか…?近いうちにわかるかと思います笑

次回もお楽しみに!

**********************************

↓会員登録はこちらから↓
「ユーザー登録 ログイン」よりCanonIDの作成をお願いします。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!
4
写真の撮り方やコツをみんなで共有するサービス「fotomoti(フォトモチ)」の公式アカウントです。 https://fotomoti.canon/