渋谷系洋盤ディスクガイド100

59

渋谷系洋盤ディスクガイド100 #059 STEREOLAB / Peng! (1992)

STEREOLAB / Peng! (Too Pure/ 26 May 1992/ UK)

マッドチェスターの熱狂に陰りが見えつつブリットポップの夜明けもまだちょい先という暗中模索のUKロックシーンにひょっこり現れた人懐っこいじっけんくん。洗練を目指すベクトルとは真逆のモンドみあふれるその創作は渋谷系というよりアフター渋谷系のどデカいバックボーンのひとつとなった。

「Peng!」を知る

Di

もっとみる

渋谷系洋盤ディスクガイド100 #058 OMAR / There's Nothing Like This (1990)

OMAR / There's Nothing Like This (Talkin' Loud/Kongo Dance/ 1990/ UK)

なにはなくともタイトル曲。ポップミュージック史におけるベースラインの発明のひとつと言ってもいいかな(いいとも)。90年代初期のクラブの清掃時間のヘヴィロテNo1はこれかも。それにつけてもコンゴダンスから出たオリジナル盤ジャケの見慣れなさよ(見慣れたこいつの正

もっとみる

渋谷系洋盤ディスクガイド100 #057 CHAPTERHOUSE / Whirlpool (1991)

CHAPTERHOUSE / Whirlpool (Dedicated Records/ 29 Apr. 1991/ UK)

轟音ギター+甘美メロ、当初は“ハッピーヴェレー系”などと呼ばれていたはずがいつの間にやら“シューゲイザー”が一般化。そんなシューゲ御三家にエントリーされている彼らだがその意味はというとたのきんにおけるヨッちゃん、シブがきにおけるフックン、少年隊におけるカッちゃん、パンジー

もっとみる

渋谷系洋盤ディスクガイド100 #056 THE MAN FROM DELMONTE / Big Noise (1989)

THE MAN FROM DELMONTE / Big Noise (Bop Cassettes/ 1989/ UK)

込み上げ胸キュンメロディーをジャカジャカアコギとキラキラエレキで疾走感バリバリに演奏していた彼らが活動期間に残した唯一のアルバムがこのライヴ盤。これぞインディーポップ。現在はニューオーリンズでどカントリーを演奏しているヴォーカルのマイク・ウェスト、髪型以外はもっと再評価されてい

もっとみる

渋谷系洋盤ディスクガイド100 #055 THE CHARLATANS / Some Friendly (1990)

THE CHARLATANS / Some Friendly (Situation Two/ 8 Oct. 1990/ UK)

ネオモッズ血統のおかげかインディーダンスバンドの中でも音像や佇まいの際立った端正さを誇った彼ら。同じオルガンのインスパイラルカーペッツあたりとの女子人気の差に「かわいい」の残酷さを痛感。米盤を買うと「The Charlatans UK」ってなっててガッカリさせられたのは

もっとみる

渋谷系洋盤ディスクガイド100 #054 DIANA BROWN & BARRIE K SHARPE / The Black, The White, The Yellow And The Brown (And Don't Forget The Redman) (1992)

DIANA BROWN & BARRIE K SHARPE / The Black, The White, The Yellow And The Brown (And Don't Forget The Redman) (FFRR/ 1992/ UK)

寡作ながら「Masterplan」「Sun Worshippers」といった楽曲がレアグルーヴ~ジャズDJ中心に愛された洒落者男女二人組。唯一のア

もっとみる

渋谷系洋盤ディスクガイド100 #053 SONIC YOUTH / Daydream Nation (1988)

SONIC YOUTH / Daydream Nation (Enigma Records/ 18 Oct. 1988/ US)

UK偏重ニューウェイヴっ子のみならず多くのリスナーの耳をがっつりアメリカのアンダーグラウンドに向けさせた象徴的なバンドの象徴的なアルバム。「キム・ゴードンのパンティ」を歌ったスティーヴ・アルビニがサーストン・ムーアにしばかれる映像または画像をお持ちの方は至急ご連絡くだ

もっとみる

渋谷系洋盤ディスクガイド100 #052 DREAM WARRIORS / And Now The Legacy Begins (1991)

DREAM WARRIORS / And Now The Legacy Begins (4th & Broadway/ 1991/ CA)

東京モード学園だ~!クインシー・ジョーンズ「Soul Bossa Nova」モロ使いのアーリー90s出落ちヒップホップ最高峰「My Definition Of A Boombastic Jazz Style」で名を馳せた2人組フロム・カナダ。「マジメか」と言

もっとみる

渋谷系洋盤ディスクガイド100 #051 BLUR / Leisure (1991)

BLUR / Leisure (Food/ 26 Aug. 1991/ UK)

マンチェ後発組の中でも抜群の「音楽より女の子が好きそう」感もあってか当初はさほどシリアスに聴かれていない印象あり。初来日のクラブチッタ川崎で何を思ったか積まれた機材をガシガシ登りはじめ「バカと煙は…」の具現化を聴衆に見せつけたデーモンくん、その後の大ムーヴメントの象徴になろうとは。

「Leisure」を知る

Di

もっとみる

渋谷系洋盤ディスクガイド100 #050 THE STONE ROSES / The Stone Roses (1989)

THE STONE ROSES / The Stone Roses (Silvertone Records/ 5 May 1989/ UK)

Gio-Goiのウェア、Joe Bloggsのバギーパンツ、Kickersのシューズ。イアン・ブラウンの札束Tシャツはポール・スミスだって!? 60'sを下敷きにアシッドハウス通過後の酩酊感強めたサウンド同様、そのスカリーズな装いがビンビンきた。音楽もファ

もっとみる