見出し画像

進化したロボアドバイザー「FOLIO ROBO PRO」が新登場!過去5年間のシミュレーションでは年率換算8.5%の収益率を計測!

 AlpacaJapan社と協業し、従来の運用手法に加えて、新たなAIスコア機能を追加することにより誕生した進化版ロボアドバイザー「FOLIO ROBO PRO」の提供を本日より開始しましたのでお知らせします。

「FOLIO ROBO PRO」では、Alpaca社提供のETF(上場投資信託)を対象資産として、AI技術を個人向けに初解禁しました。新商品「FOLIO ROBO PRO」は、Alpacaのスコアリング・システムとFOLIOのポートフォリオ最適化技術を融合させ、本格的に資産運用にAIを活用したロボアドバイザーを提供します。

■「FOLIO ROBO PRO」の運用戦略とは

 従来のロボアドバイザーの多くは、株や投資信託などを運用する際に「種類が多く、違いも分かりにくい」という投資初心者の悩みを解決すべく、質問に答えるだけでバランスのとれた投資プランを提供するものです。お客様の中には「ロボというくらいだから、AIを活用しているのでは」という方もいらっしゃいますが、従来のロボアドバイザーは、基本的に1つの運用ロジック(現代ポートフォリオ理論)に従ってポートフォリオを作成し、市況の変化に合わせてそのバランスが崩れないように調整するものでした。新商品「FOLIO ROBO PRO」は、従来のロボアドバイザーにはなかった運用プロセスを行うことで比較的短期のトレンドに照準を定めた、従来とは異なる進化を遂げた運用戦略となっています。

■シミュレーションでは過去5年間で年率換算8.5%の収益率*1を計測!実際の運用シミュレーションを公開

 「FOLIO ROBO PRO」の過去5年間のバックテストによる運用成績は年率換算で8.5%を計測、当社のロボアドバイザー「おまかせ投資」の積極運用プランと比較した場合、+2.8%*2アウトパフォームしている結果となりました。このような成果を期待できる「FOLIO ROBO PRO」の運用戦略は、下記のようなケーススタディにおいてもその有効性を確認することができました。

画像1

*1*2及びグラフについて:
*1は2015年1月1日〜2019年12月31日の5年間、「FOLIO ROBO PRO」で運用を行ったと仮定してパフォーマンスをシミュレーションしたものです。*2は同期間において「おまかせ投資」の積極運用プランで運用を行ったと仮定してパフォーマンスをシミュレーションした結果(年率換算5.7%)と*1の数値の比較です。*1*2ともに少数第2位以下を切り捨てています。グラフは、同期間における「FOLIO ROBO PRO」及び「おまかせ投資」の積極運用プランの運用シミュレーションです。各シミュレーションでは、運用手数料を年率1%(税抜)徴収し、リバランスは最適ポートフォリオとの乖離がないように実施したと仮定しています。また、分配金は投資の拠出金銭に自動的に組み入れ、リバランスにより再投資すると仮定して計算しています。信頼できると考えられる情報を用いて算出しておりますが、情報の正確性、完全性等について保証するものではありません。シミュレーションは将来の運用成果等を示唆又は保証するものではありません。

詳細はこちらよりご確認ください。
FOLIO ROBO PROのサイトはこちら

※現在「おまかせ投資」又は「ワンコイン投資」をご契約中のお客様が「FOLIO ROBO PRO」をご契約される場合は、「おまかせ投資」又は「ワンコイン投資」を解約する必要があります。

■株式会社FOLIO
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2983号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会
記載内容は資料の作成時点のものです。
取引においては価格変動等により損失が生じるおそれがあります。
リスク・手数料の詳細はこちら
ありがとうございます😉💋
4
フォリオは「VR」や「京都」など、多彩なテーマをえらんで投資ができるオンライン証券です。 https://folio-sec.com 金融商品取引法に基づく表示→https://story.folio-sec.com/n/nf6d2315f1a8c
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。