新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

現在の円高・株安のマーケット状況について

現在のマーケットの状況についてまとめましたので、資産運用をされている皆さまはぜひご一読ください。

・3月9日、日経平均株価は一時1,200円の下落を記録し、2万円以下の水準に割り込みました。
・外国為替市場でも1ドル=101円が記録されるなど、円高に動いています。
・日本時間3月9日夜、NYダウ工業株30種平均が急落、前週末比2000ドル超の下落となり、過去最大の下落幅となりました。
・3月10日の東京株式市場も大幅続落で始まり、下げ幅は一時800円を超え、1万9000円を下回りました。


マーケット急落はなぜ起こっているのか

現在起きている事象について簡単にまとめております。

新型コロナウイルスの感染拡大について

・イタリア政府は3月8日、経済都市ミラノを含むイタリア北部を広範囲に封鎖する措置をとりました。その後10日朝に、北部地域に適用していた移動制限を10日からイタリア全土に拡大すると発表しました。

・ニューヨーク州でも3月8日、州全域で非常事態宣言を出しました。

サウジアラビアが石油増産姿勢に転じ、供給過剰の懸念

・ロシアとの追加減産協議が決裂し、サウジアラビアが石油増産方針に転じたとの報道がありました。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大の影響もあり、石油の供給過剰に拍車がかかるとの警戒が強まりました。


上記により、投資家心理はリスクオフ(*)に動いていると考えられます。安全資産と言われる日本円が買われ、外国為替市場で円相場が一時1ドル=101円となるなど円高の動きとなっています。また、日本企業の株も影響懸念から売られ、日経平均株価は大幅に続落し、1万9000円を割り込みました。

(*)「リスクオフ」 とは
リスクオフとは、投資先をリスクの高い金融商品から、リスクの低い金融商品(安全資産)に移す動きのことです。
経済指標の悪化などで、投資家に不安感が広がった場合に起こります。
今回は地政学リスクにより、米ドルから日本円へ、株式から現金、債券などの資産へのリスクオフが行われたと考えられています。


新型コロナウイルスの問題について、これからの資産運用をどうしていくべきか、迷っている方もいらっしゃると思います。

1月31日に公開したこちらの記事

「新型コロナウイルスの拡大!?株価の下落は大丈夫?~過去のウイルス流行と株価の値動きから考える~」

を改めてお読みいただくと、SARSのときに7,607円まで下落した日経平均株価がどう回復したのかや、2014年のエボラ出血熱の広がりによる世界の株価下落時のケースなどについてもまとめておりますので、ぜひご参考ください。


今後もFOLIOから、本件及びマーケットに大きな影響を及ぼす要因について、お知らせさせていただくことがございます。

マーケットは不安定な状況が続く可能性もありますが、中長期的な資産運用においては、一喜一憂せず、資産運用を見守っていく事が大切です。

引き続き、よろしくおねがいします。


■本資料について
・投資環境に関する過去の事実等の情報提供や、発行時点での投資環境やその見通しに関する当社の見解をご紹介するために株式会社FOLIOが作成した資料です。
・記載内容は作成時点のものであり、将来の市場環境の変動や運用成果等を示唆又は保証するものではありません。
・信頼できると考えられる情報を用いて作成しておりますが、その正確性、完全性等について保証するものではありません。

■株価等のデータについて
株価等のデータについてはこちらをご覧ください

■株式会社FOLIO
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2983号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会
取引においては価格変動等により損失が生じるおそれがあります。
リスク・手数料の詳細はこちら

※LINEスマート投資は、LINE Financial株式会社(金融商品仲介業者 関東財務局長(金仲)第854号)の金融関連サービスであり、金融商品仲介業により金融商品を取り扱います。
😚💕
97
フォリオは「VR」や「京都」など、多彩なテーマをえらんで投資ができるオンライン証券です。 https://folio-sec.com 金融商品取引法に基づく表示→https://story.folio-sec.com/n/nf6d2315f1a8c
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。