見出し画像

3D プリンタ自助具製作インタビューVol.7

実際に 3D プリンタで自助具などをつくっている方々に、「始めたきっかけ」や「つくったもの」、「具体的な現在の想い」などをインタビューしてみました。是非、動画をご覧になってください。

インタビューした人:林 園子(FabLab Shinagawa Director, 作業療法士)
今回のゲスト:富田さん(ソフトウェアエンジニア)

概要

ソフトウェアエンジニアとして活躍していた富田さん。義理のお母様が脳血管障害で半身麻痺になったことがきっかけで、現在の活動を始めたそうです。

もっと多くの患者さんが、手に麻痺が残らないようにしてあげたい。そんな想いで 3D プリンタも用いて試作をくり返し、手指の訓練用ロボットを開発しています。

そんな富田さんがつくったロボットや自助具とは?

インタビュー動画

考察

ご自身の体験に基づいた社会課題の解決のために、日々、ロボットづくりを進めている富田さん。「今、無い道具だけど、必要だからつくる」という強い想いが伝わってくるインタビューでした。

「今、無い道具」を作るのに必要な「試行錯誤」を、仲間と共に効率よく行えるのが、3D プリンタなどのデジタルファブリケーションと、「ファブラボ」の強みだと改めて感じました。

製作に必要な技術や道具が、非常に安価に手に入るようになってきた現在、「あるものは使い、無いものはつくる」を、一人一人が丁寧に適切に行っていくこと、そんな機運を盛り上げていくことで、非常に多くの社会課題が解決できるのではと思いました。

一人でつくれなければ、みんなで作りましょう!
みんなでつくるイベント、2020 TOMメイカソン TOKYO(オンライン)のホームページはこちらです。
皆様のお申し込みをお待ちしております。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
FabLab(ファブラボ)は、3Dプリンタやレーザー加工機などの、インターネットにつなげることのできるデジタル工作機械を備えた市民に開かれた工房です。東京都中延駅前にあるFabLabShinagawaは、作業療法士のいるファブラボとして、ユニバーサルなものづくりを行っています。