テレワーク@萩・明倫学舎

総務省等がリードするテレワークDays集中期間において、
先月(8/19~8/23) 萩・明倫学舎にてテレワークを実施しました!
※詳細はこちらのプレスリリース記事をご参照ください

萩・明倫学舎

当時は全国屈指の規模を誇った、萩藩校明倫館。

初日は復元教室(小学校として使用されていた教室)で仕事をしました。

自社プロダクトの開発

リモートワークでは主に、
自社プロダクトの新機能の企画・開発をしておりました。

現在は「萩・明倫学舎」として観光施設も兼ねている為、施錠の関係上、
現状は17時までしか作業ができず、移動して仕事を続ける必要があり、
切り良く作業の目処をつけられるよう、集中して仕事に臨みました。

煮詰まった時は、売店で萩特産の夏みかんジュースを飲んだり、窓から眺めることができる萩の自然に触れて脳をリフレッシュすることができました。

萩市について

PAのサテライトオフィスとなる、
『萩 明倫館 アプリ開発センター』が10月に開設することもあり、
今後、本社社員が萩に訪問する機会も増えるかと思います。

簡単に萩市について説明させていただくと、

松陰神社・松下村塾など幕末から明治維新にかけて活躍した長州藩の志士たちの史跡、萩焼窯元など伝統工芸に関する施設などが主である。多くが江戸時代から幕末にかけてのものであるが、旧郡部は自然を生かした観光地が多い。また古い町並みの保存・活用が盛んで、重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)に選定された地区が市内に4箇所あり、これは京都市・金沢市とともに全国最多である。(Wikipediaより引用)

折角、萩市に来る機会を頂けたので、
始業前に散歩がてら世界遺産を4箇所回りました。

新鮮な海の幸も堪能させて頂きました。
萩の日本酒を飲み比べなど、地元民で溢れかえる「どんどん」へ行ったり。

今回の宿泊先は、ゲストハウスに挑戦させて頂きました!

1泊目は古民家で、旅で来ていた台湾人達とガールズトークをし、
2-4泊目は1Fがカフェスペースとなっているリノベ済みの建物で、
同室の方だけでなく地元の人も交えて一緒に飲み食いしました。
普通の旅館に泊まるだけでは体験できない経験をさせて頂きました。
(交流中の写真を撮り損ねてしまったのが心残りです)

ボランティア清掃活動

今回のテレワーク@萩・明倫学舎では、
PA以外にも同室で、NEC、ネットケアサービス、そして、
別室でしたがSalesforceの方も一緒にテレワークを実施させて頂きました。
また、滞在期間の後半には一緒にボランティア清掃を実施しました。

萩・明倫学舎前の生い茂った草むしりをし、浜辺でゴミ拾いもしました。
ゴミを探す方が大変なくらい、浜辺は予想以上に綺麗だったのが印象的でした。

おまけ

充実した5日間のリモートワークを過ごした翌日は、、、

Salesforce女子部へ参加させて頂きまして、
(こちらの活動内容等は別ブログでお伝えできればと)
とても充実した一週間+αを経験することができました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。