見出し画像

血液クレンジングを、要注意ワードにしました

noteで「血液クレンジング」について検索したとき、「詳しい情報はちゃんと医療機関・専門サイトで調べてね」という警告がでるようにしました。

https://note.mu/search?context=note&mode=search&q=%E8%A1%80%E6%B6%B2%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%82%B0

noteでは以前から、反ワクチンや自殺などの検索に警告が出るようにしていましたが、今回はそれに新ワードとして「血液クレンジング」が追加された形です。

現状のところ、僕のほうでは、まだnoteで血液クレンジングまわりの記事がバカ売れ、大バズなどは観測してません。ですが、ネットでは話題のようなので予防措置をとります。

また、良い機会なのでついでに「EM菌」も登録しておきます。

本当はAIが進歩していけば、文章の文脈を読んでピンポイントでヤバイ記事だけ警告が出せるのですが…残念ながら僕らのテクノロジーはそこまで達していません。ですので、一般的な科学や医学の外にある、「血液クレンジング」や「EM菌」といったものには、検索結果ページにまとめて警告を出します。様子をみながら、一定時間後に解除するか、強化するかを決めようかなと。


とりあえず、真偽不能テクノロジーに関しては、僕自身もいくつか本を追加で読もうかなぁと思って、下記を買ってみました。他にオススメの本があったらコメント欄で教えてください。


<追記>
せっかくなので、「ホメオパシー」も警告に追加しました。ホメオパシーは、

「その病気や症状を起こしうる薬(や物)を使って、その病気や症状を治すことができる」という原理のもと、1796年にザムエル・ハーネマンが提唱した[1]。またホメオパティとドイツ語風に呼ばれることもある
by wikipedia

というものですが…この理論にしたがうと「検出限界の汚染水飲んどけば、放射能対策はバッチリ」、「薄めた有機水銀で水俣病も大丈夫」「環境ホルモン海水で夜の営みも復活」ということになってしまいます。プラシーボ効果はあるかもしれませんが、あきらかに標準的な科学や医学とは乖離するため、こちらも警告対象とします。個人的な選択として否定はしませんが、公共情報としては注意ぐらいはでるべきかなと。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、コロナでオフィスいけてないので、コロナあけにnoteチームにピザおごったり、サービス設計の参考書籍代にします。

オススメの本は「21 Lessons」
481
noteのCXO。THE GUILD代表。ユーザーの行動を設計するデザイナです。 サービス設計やnoteのカイゼン報告などについて書いていきます。

こちらでもピックアップされています

キミもnoteを使おう!
キミもnoteを使おう!
  • 2054本

『note(ノート)』は文章・つぶやき・画像・動画・音声を無料または有料で投稿したり、投稿者に支援金(おひねり)を贈ったりできる、マネタイズ機能を装備したクリエイター応援型メディア。創作発表の主舞台や業務依頼のプラットフォームなど、その活用法は無限大。 仕事仲間はもちろん、お友だちやご家族にもnoteをおすすめしよう。😃✨

コメント (5)
サイエンスライターの佐藤健太郎さんが書かれた、「ゼロリスク社会の罠」は、化学、科学の視点から、丁寧で分かりやすい文章でエセ科学に対して警鐘を鳴らす良書です。
コメント失礼いたします。
編集者をしておりますイトウと申します。

サイモン・シンさん『代替療法解剖』
桑満おさむさん『“意識高い系"がハマる「ニセ医学」が危ない!』

朽木誠一郎『健康を食い物にするメディアたち ネット時代の医療情報との付き合い方 』

を勧めさせて頂きます。


また、ワードですが、深刻な健康被害をもたらしている『脱ステロイド』もぜひ対象にしてくださいますよう、ご検討頂ければ幸いです。
アトピーは患者数が多いので被害額と健康被害のレベルはかなり高い思われます。
科学とニセ科学という文脈では、下記の田崎晴明さんの文章が参考になると思います。
また、ニセ科学批判に関しては菊池誠さんが積極的な活動をされています。
https://www.gakushuin.ac.jp/~881791/fakeS/PE06.html
「ホメオパシー」を入れるなら、「レメディ」「バッチフラワーレメディ」もお願いします……。
2017年の本ですが『暮らしのなかのニセ科学』(左巻健男)をお勧めしておきます。
だいたい他の方の本で網羅されていそうですが。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。