見出し画像

みんな、いまこそメッセージを

マネジメント、pr、マーケティングみなさんへ

コロナを巡る社会状況は、ますます混迷の色を深くしています。外出制限の長期化は、社会の分離と孤立を強めていくことでしょう。

ストレスに病む人も出るでしょう。自分の仕事の意義を見失うかもしれません。一体だったチームが、バラバラになることも考えられます。分断と孤立は人の心を確実に蝕み、社会を荒ませていきます。


こんなときだからこそ

チームのリーダーは、社内外へメッセージを積極的に発信していきましょう。ほんの少しの情報共有、コミュニケーションが、人にとって大きな救いとなり得ます。

文の巧拙などよりも、接触頻度が重要です。まずは仲間やユーザー、パートナーとの接触の密度をあげてください。

己のあり方、寄って立つ足場、そして足場を照らす篝火を…チームの仲間に、外部のパートナーに、サービスのユーザーに、強く何度も発信してください。

非常時において、リーダーに求められる仕事。それは以下の4つではないかと考えます。

1. メンバーの不安をとりのぞく
2. 状況をいち早く俯瞰する
3. 目指すべき方向とプランを指し示す
4. はぐれぬよう一丸となって進む

まずは1番から、「メンバーの不安をとりのぞく」からはじめましょう。


仲間に対して

自社サービスの意義、寄って立つところ、会社の大きな動き、そういった土台を強く発信してください。恐怖と不安の根源は、未知や音信不通です。

こんなときだからこそ、自社がなんのために存在するのか…この状況下でどいう社会的な意義を持つのか…みなで再確認しましょう。会社の現状を共有し、今後数ヶ月〜数年のリスクやプランを共有しましょう。

自宅に閉じ込められた状態でも、そこに意味や意義が見いだせるだけで、ずいぶんと楽になります。

まずは雑談、日常共有からでかまいません。少しづつ色々なことを共有していきましょう。


サービスを使ってくださる人々に対して

同様に自社サービスの意義、寄って立つところ、会社の大きな動き、そういった土台を強く発信してください。

こんなときこそスタンスを明解にし、連携を深めていくべきです。正しい情報、伝わるべき情報を広めましょう。つなぐべき人々をマッチングさせましょう。明解なアクションや指針を明示していくのです。

VSコロナの戦いは、世界全体をまきこんだ集団ボス戦です。この戦いでは連携と共有こそが重要になります。そして、それらこそがnoteを通じて世界に提供できる、もっとも意味のある価値でしょう。


そんなわけで、しばらく積極的に大きな考え方、スタンスなどについて、できる限り発信してもらえると幸いです。僕も平時より、記事の回転率をあげていきます。

よろしくお願いいたします。


P.S.
去年やったデス・ストランディングというゲームが、分断された人々が孤独に引きこもる世界を描いていました。主人公のサムは、世界の分断を再接続するために荒野を走り回るのですが、現在の社会状況を予言しているようで興味深いです。何かのヒントになるかもしれません。


この記事が参加している募集

オープン社内報

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、コロナでオフィスいけてないので、コロナあけにnoteチームにピゼおごったり、サービス設計の参考書籍大にします。

オススメの本は「幸せについて知っておきたい5つのこと」
468
noteのCXO。THE GUILD代表。ユーザーの行動を設計するデザイナです。 サービス設計やnoteのカイゼン報告などについて書いていきます。

こちらでもピックアップされています

#マーケティング 記事まとめ
#マーケティング 記事まとめ
  • 791本

#マーケティングのタグがついた記事を中心に、マーケティングに関する理論や実践についての記事をまとめていきます。

コメント (3)
確かに、こういう連携は、
とても大事ですよね。

ただ、本質的な問題の解決を、
先にやっても良いのでは?

私は解決策なら、
2月に既に公開済みですし。

以下関連ツイート全部の話です。
https://twitter.com/itomakiweb/status/1239772691801899008?s=20

大多数の人にも閲覧されましたが、
理解できなかったようで、
普及に苦労していますけどね。
同感です。NYでは800人の人が家で孤独死をしたとBBCのニュースで見ました。高齢かつ、独り身のご両親がいらっしゃる方はそちらにも密に連絡してほしいなって思うのです。
発症から重篤な症状になるまでの期間がとても短いと聞きますので。
noteを楽しくありがたく利用させてもらっています。特に最近のこの状況で、色々な状況や考え方をnoteを通じて知ることができてとてもありがたいです。
この記事についても、自社に照らし合わせながら、またこうしたメッセージを受け取れるスタッフの方を羨ましく読みました。。

それでこの記事へのコメントではなくて恐縮なのですが。このひとりひとりが支え合っていく動きが欠かせない状況のなか、noteの「サポート」は飲食店や音楽関係など大事な仲間を支援するためにお金を届けることができる素晴らしい仕組みだと思います。それで、そうした人にお金が渡る場合の手数料の検討をいただくことは、難しいものでしょうか?例えば下記の記事をサポートすることで、それぞれのお店にお金を届けられるのですが、その際できるだけ多くお店に届くといいなぁ、、と思ったのでお伺いしてみました。もちろん現在でもビジネスとして必要最低限な設定なのだとは思いますが、もし少しでもご検討いただけるのであればよりありがたいと思いまして。長々と申し訳ありません。https://note.com/naokoikawa/n/n1caa51e9372b
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。