新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

これからの人材育成がどうなるかという話の序文

企業研修の仕事をしている。

「研修」というのは、わざわざ解説しなくても良いかもしれないが、社員が集まって、講師が登壇して、グループワークをしたりなんだりする、あの「研修」のことです。

僕の(というか僕が経営している会社の)仕事は、企業から社員研修を請け負って提供すること。誰か講師を派遣することもあるし、僕自身が講師として登壇することもある。ごくごく小さい会社なんで、僕自身が講師をやるケースも多い。

当然ながら、このコロナ禍でとんでもなく影響を被っていて、今年の研修案件は全部が全部何らかの変更を余儀なくされた。オンライン化したり、延期したり、中には中止もあった。零細企業としてはめちゃくちゃ大変な状況であって、正直、資金繰りや一個一個の案件の対応で、3月以降はてんやわんやであった。

クライアントと話すと(今はほぼすべてオンラインで)、今後の「社員研修」はどうするかな、という話になる。今はまだ、どこの企業でも「これが道筋」というような明確なプランは持てていないように感じる。まぁ、それはそうですよね。今の時点では誰も何もわからない。

もうちょっと大づかみに言うと「これからの時代の人材育成はどうなるのか?」というイシューである。これはもっとわからない。

ただ、ひとまず僕の身の回りで話をする限り、「これまで(コロナ以前)通りに何事も無かったかのように戻る」と考えている人よりも、「これまでとは根本的に異なる時代になる」と考えている人が多いように感じる。

もちろん僕のバイアスはあり得て、僕自身がそう考えているからそういう風に聞こえる・そういう話を引き出すという部分は少なくないと思うが、「何事も無かったように戻る」という前提で物事を考えるよりも、「根本的に変わるならばどうなるか?」と考える方が危機対応としては正しいように思うし、企業の経営者としてはそういう発想が大事だと思っている。

実際問題として、これから緊急事態宣言が解除されたとして(この文章の執筆時点では僕のいる東京はまだ解除されていない)、多くの企業でなにもかも元通りにはならないと思われる。
リモートワークは、かつてないレベルで広まった。そして、おそらくかなり多くの企業で定着するだろう。同時に、職場での勤務に戻る人々もいる。そうした異なる様式の働き方が同時並行で発生する。企業毎の違い、企業内での違い。多大なフリクションも発生するはず。

そうした中にあって、単に「前みたいな研修はできるかな?」というような次元ではなく、もう少し俯瞰して「これからの時代の人材育成」はどのような姿になっていくのかを考えてみたいと思う。

我が社は、たしかに「研修屋さん」ではあるのだが、提供しているのは「人材育成」であり「組織づくり」だと思っている。働く人が喜びを持って働き、企業が収益を上げることができるようになること。それをゴールと捉えて研修を提供してきたし、そのためであれば研修だけが手段とは思わない。

さて、いくつか考えたいテーマがある。

一つは「知識分散型モデル」という切り口。
僕は以前から、労働集約型・資本集約型・知識集約型の次に来る、価値創造・産業モデルとして「知識分散型」というアイディアを持ってきた。あんまりきちんと言語化できて来なかったので、この機会にきちんと考えてみたいなと思う。

ここで、「知識分散型」とは何を言っているのか?
ごくごく簡単に、極めて伝わりにくいだろうことを念頭に敢えて言うと、多様な「個人」が情報テクノロジーによって手にするスーパーパワーと、そうした個と個のコラボレーションによって、爆発的な価値創造を行う生産様式、とでも言うアイディアです。(やっぱり全然表現できていない。。)
これについては、別に深めたいなと思うので、今回はこれくらいで。

二つ目の切り口は、「理想の組織像」について。
コロナ後の世界で、あるいは「知識分散型」の世界において、理想の組織とはどういうものか?働く場所はどういうものであるべきなのか?という話。

さらにもう一つが、「現状からの変化・推移」という切り口から。
何事も理想どおりには行かないもので、「人材育成・組織づくり」においても、実態としては非常に多くの企業が苦しむ時期が長いと思われる。その中でどんな変化が予想されるのか?どんな風に推移するのか?
あるいは、あるべき組織像に向けて進むには、どんな風にして行くことが必要なんだろうか?というようなことも考えてみたい。

「これからの時代の人材育成はどうなるのか?」という問いに対して、随分大仰な話だなと思われるかもしれないが、僕は「人材育成・組織づくり」は企業経営の根幹の一つであり、同時にある種の思想や哲学が含まれるとても大きなテーマだと思っている。

もちろん、僕は未来人ではないので、未来において何が起こるか知る由もなく、何を考えてもその通りには決してならない。
が、このようなことを考えていくこと、そして言葉にしていくことは、とても重要なことだと思われるので、少しずつ書き出していきたいと思う。

さぁ、ハードルを十分に上げきったところで、序文はここまで。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
9
悩みを消す&悩みを予防する思考法|思考を自由にするトレーニング|個人コーチ・研修講師・組織コンサル|東大3留→ベンチャー営業→ニート→ジムトレーナー→ジム経営→M&A譲渡→今ココ|ウイルネス株式会社代表取締役|5歳娘をこよなく愛する親バカ