アートリバーマ

〒123-0842
東京都足立区栗原4-24-1
TEL:03-5691-0131
Twitter: https://mobile.twitter.com/art_riverma20

営業時間:12:00〜20:30
定休日:火曜日

取扱種:熱帯魚、金魚、メダカ、海水魚、錦鯉、日本淡水魚、水草、エアープランツ、両生類、コケ類、ベタ、飼育用品
水槽本数:190本(大小、桶、プラケース含め)
店舗面積:10坪

Q.お店の歴史を教えて下さい。

A.1996年にお店をスタートしました。元々金魚が好きで小学生の頃くらいから飼い始めてたんですが、中学生で友達に色々なお店を教えてもらって今度は熱帯魚の世界が広がったんです。そこから学生時代にアクア専門店でアルバイトを経験してから独立しました。要するに、好きが講じてですね笑

Q.お店のこだわりを教えて下さい。

A.何だろう……色々な魚を繁殖してきたので、そのノウハウを活かして魚の管理をしていることでしょうか。買って頂いたお客様の水槽に馴染みやすいように管理していますし、仕入れる時よりも美しい魚になるように意識もしています。店舗の水槽を見て頂くと、きっと気づいて頂けると思いますよ。

仕入に関するこだわりだと、らんちゅうなんかは愛好家から直接仕入れてるので、形と顔は良いと思いますね。

熱帯魚に関しては取扱種自体も小型種が中心になりますが、写真では見るけど実際にはあまり見ない魚は気になっちゃうので積極的に仕入れます。最近だとロゼウステトラだったり、マタネンシス、プロフンディコラなんかはそうですね。

それ以外だとコケのラインナップにもこだわっています。両生類飼育のレイアウトに使うのにちょっと仕入れたのがキッカケだったんですが、品種によっては可愛くもあり、格好良くもある。一つ一つに生命力を感じるところなんかは、本当に魅力的だと思いますよ。コケというと少しチープな感じがするのでうちではジメジメ系植物と呼んでいますが笑

Q.思い出の魚を教えて下さい。

A.色々あるのですが、とりわけグッピーは思い出深いです。この店をスタートした当時は自家ブリードしたグッピーを販売してたのですが、珍しい品種を増やすべく掛け合わせから繁殖まで結構チャレンジしているという実感があったので、それが売上に結びついた事が自信に繋がっていったというのはあると思いますね。
今は改良メダカが盛んでお店でも自家ブリードをしていますが、チャレンジ精神を持って取り組んでいる所は変わらないので、やはりあの時のグッピーの経験は貴重だったと思います。

Q.今一番興味のある生体を教えて下さい。

A.レインボーフィッシュですね。時間帯によって発色の度合いが違うんですが、たまに本当に美しい瞬間があるんですよ。丈夫な品種で管理もしやすいので、何で流行らないのか不思議ですね笑
あとはテッポウエビとハゼの共生に今チャレンジ中だったり、興味深い事は尽きないですよ。

Q.観賞魚を飼育する事の魅力を教えて下さい。

A.他の生き物と比べて命の尊さや儚さを一番身近に感じられる事だと思います。生まれてから死ぬまでを見届けやすいとも言いましょうか、手を介して何かを育てる事の喜びだったり難しさだったり直面する事は様々ですが、その度に頭も心も使いますからね。そこに魅力は詰まっているんだと思いますよ。

Q.最後にお客様へメッセージをお願いします。

A.たまにお客様からすぐに魚が死んでしまうというご相談を頂くのですが、実際の飼育方法を聞くとそりゃ死んじゃうよ!という事例も見受けられるんですよね。先入観として、観賞魚なら簡単に飼えると思い込まずに、やっぱり念のために作法なんかは聞いて頂きたいです。少しの工夫で変わることもありますからね。

あとこれはとても大切な事なのですが、今後店の方針として採取個体、いわゆるワイルド物の取り扱いは減らしていこうと考えています。
生体の販売目的による乱獲によって生態系が崩れゆく事が想定されますし、現地の魚が現地でちゃんと生息することが自然の大前提だと思いますからね。と言っても、うちも創業当時はワイルド至上主義だったんですが笑
今は綺麗で丈夫なブリード物が多く出回りますし、その世界に足を踏み入れることで興味が広がるお客様が増えたらとても嬉しいですね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

フィッシュファーム・ツボタの公式アカウントです。日本古来から引き継がれている国産のヘルペス処理された丈夫で美しい金魚を中心に、川魚やメダカ等も幅広く卸販売をしております。https://mobile.twitter.com/fishfirm_t
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。