【メンバーインタビューvol.1】 蓮池めぐみ「私にとっての場づくりは」
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【メンバーインタビューvol.1】 蓮池めぐみ「私にとっての場づくりは」

みなさん、こんにちは。
今回はファイアープレイスのメンバーインタビューvol.1をお届けします。
記念すべき1回目はファイアープレイス1人目の社員となった蓮池めぐみをご紹介していきたいと思います。

画像1

ファイアープレイス コーポレートデザイナー
蓮池めぐみ

2019年~ (株)ファイアープレイス入社、当初は店舗スタッフとして業務委託契約。1年後、実力を買われ社員登用、コーポレートデザイナーに。インターナルコミュニケーションや代表秘書業務も担う。
【出身】 愛知県長久手市出身
【好きな映画】 ビッグフィッシュとグッドウィルハンティング
【嫌いなもの】 寒い冬の日の雨
【やってみたいこと】 ジンベイザメと一緒に泳ぐこと

「私の意思はどこに?」自問した高三の冬、外れたレール

高校を卒業後、地元の大学に進学予定でした。けれど、そのまま進学することに疑問を抱き、一念発起して入学を辞退。語学留学でカナダのバンクーバーに旅立ちました。「誰のものでもない私の人生。自分の意思はどこにあるのだろう?」。高三の冬に、迷い、自問したことをきっかけに、レールに乗っていた私の人生は大きく逸れていきました。

帰国後は、アパレル店員の傍ら、複数のボランティア活動に参加したり、旅をしたり。大学に行かない選択をした分、「多様な経験を積むこと」を軸に活動していました。その中で、今でも強く覚えている原体験は、熊本での災害復興支援ボランティアです。仮設住宅に住む高齢者とお話させていただく中で、プライバシーのない生活環境や、そこに住まう方々の孤独を目の当たりにし、「心理的安全性を生む場づくりとは何だろう」と関心を抱くようになりました。

大きな転機は、姉からの一言。「私の上司が、沖縄の宮古島でリゾートホテルを作るんだけど、メンバーを募集しているらしいよ」と。不思議なご縁を感じ、仲間に加わることに。初めての会社勤めは離島から(笑)。島生活はとても刺激的でしたが、何よりも刺激を受けたのは経営層の方たちの仕事に臨む姿勢です。「メンバー全員、魂レベルで幸せにはたらく」ことを真剣に考え、私たちと向き合う在り方に感銘を受けました。多感な20歳を過ごした宮古島の日々。今でも深く感謝しています。

画像4

気づいたら、ファイアープレイスに私一人。

【モダン】プロフィール_MEGU-4

次なる場所を求めて、「場づくり 企業」で検索。PCの画面に表示された「ファイアープレイス」に直感的に反応し、メールで連絡。そうしたら、代表の渡邉から返信があって、「可能なら会いにおいで」と。そこから、私と、代表渡邉の物語が始まります。

バンクーバーから宮古島へ。宮古島から実家の愛知へ。そして、渡邉のいる川崎へ。興味があった、会いに行った、つながった。そうしたら、いつの間にか社員になって今に至る。そんな感じです(笑)。

私が弊社に加わった2019年6月当時、会社としての主要事業はロックヒルズガーデンのみ。2店舗目となるコミュニティスペース、日本橋CONNECTのオープンを3ヶ月後に控えたタイミングでした。当時、社員は0人。業務委託メンバーのみで構成されていた組織体制の中、私は日本橋CONNECTのプロジェクトにアサインされました。と言いつつも、指示命令系統もなく、定例業務もないプロジェクトはカオスの極み。仕事を自分で作るしかなかった私は、社内で目につくタスクを横断的に拾い集め、徐々に、「何でも屋さん」のポジションを確立していきました。

自らの居場所を作り始めていた矢先、やって来たのがコロナです。チームとしても、事業としても、土台が確立する前のタイミング。ダメージは大きく、仲間だったメンバーは、一人、またひとりと去っていきました。気付いたら、代表の渡邉以外、私一人。ファイアープレイスの火は、消えかかっていました。

社員第一号に。仲間が増える。チームになっていく。

当時、飲食事業が収益の柱だった弊社にとって、コロナの影響は甚大でした。メンバーも解散し、この先どうなっていくのだろうと不安を感じるなか、どうしてかはわからないけれど、「ファイアープレイスは無くならない」と強く感じていたことを今でも覚えています。2020年6月、私は渡邉に声を掛けてもらい、ファイアープレイスの社員第一号になりました。コロナ禍であるにも関わらず、正社員として向かい入れてくれたこと、そして私が最初の社員になるんだという責任感を、強く感じました。

それまでは、代表渡邉の一人力だったファイアープレイス。一番苦しい時期を乗り越え、事業が少しずつ回復の兆しを見せる中で、主体的に関わってくれるメンバーが、一人、またひとりと増えていきました。代表の渡邉と、現場の業務委託メンバー。その間に立つ「社員」の立場として、私がこの組織の中でできることはなんだろう。あの時から今に至るまで、そればかり考えています。

7期目を迎えた2021年。弊社は、「つながりを創出し しあわせの総量を増やす」という新たなミッションを掲げました。「つながり」と発信するからには、そのミッションに恥じないよう、強い信頼関係とつながりを社内に生み出したい。私がかつて宮古島で感銘を受けた、「みんなが魂レベルで幸せにはたらく」チームを作りたい。それが、私の役割なんじゃないかって。

ファイアープレイスが、みんなの自己実現の場に

意図的に作ったのは、オンラインでもオフラインでも、役割や雇用形態に関わりなく、皆が顔を合わせ、コミュニケーションを図る場です。雑談のためのランチ会だったり、プロジェクト横断の全社会議だったり。みんなで一緒に働いている、けれども生じてしまう、人と人、言葉と言葉の隙間を埋めたかったんです。

各店舗のリーダークラスも、学生スタッフも、昼間は本業で活躍されている日本橋CONNECTの日替わりママさんも、弊社に関わってくれているメンバーはそれぞれ、多様なバックグラウンドを持っています。彼ら、彼女らにとって、ファイアープレイスという「場」 が、「自分らしさを体現できる場」であると感じていただけるような、心理的安全性を育む場づくりをしていきたい。

現在、ファイアープレイスは自社店舗以外にも、「まち」や「不動産」を起点とする「まちづくり」「場づくり」事業に取り組んでいます。私が入社してから、2年。2年間で、会社ってこんなに変わるものか、と信じられないくらいです(笑)。仕事の幅は広がり、お客さまから多くのお問い合わせをいただくようにもなりました。

7期目の今、「会社」としての基盤を確立するフェーズに突入したことを肌で感じています。私は7年のうちたった2年しか知りません。にも関わらず、こんなことを語るのはとても傲慢かもしれませんが、会社に宿る「いのち」みたいなものを、最近すごく感じるんです。此処に集まるみんなの意思と、自分らしさの集積が、形の見えない「いのち」のようなものなのかもしれません。

これからも、変化し続けるこの会社で、「場づくり」をしていきたい。
それがコーポレートデザイナーとしての仕事だと思っています。

コーポレートデザイナー。
私の場づくりフィールドは、「ファイアープレイス 」です。

オフショット-2

■株式会社ファイアープレイス
ファイアープレイスは「つながりを創出し しあわせの総量を増やす」のミッションの下、地方創生(まちづくり)、不動産価値向上(場づくり)、チーム力深化(チームづくり)、以上3つの事業に挑戦している企業です。

■弊社代表インタビューはこちらから



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ファイアープレイスは「つながりを創出し しあわせの総量を増やす」のミッションの下、「ネイバーフッド」という概念を起点に、地方創生(まちづくり)、不動産価値向上(場づくり)、チーム力深化(チームづくり)、以上3つの事業に挑戦している企業です。