見出し画像

新社会人の君に:幸せ加減=満足度

※ 過去に投稿し、「今の私」の気持ちも含め改めて投稿します。

若かりし頃・・・そう社会人一年生の「まだ仕事らしい仕事をしてない」「目先だけの夢も希望もあった頃」「本当の現実をしらなかった頃」、

全てとは言わないが、「欲しい物は何でも手にできる収入と、とっても豊かな結婚、生活、人間関係」に、と~っても憧れていました。

高度成長期の端っこからバブル期を経験、ある程度社会・世の中が どんなものかわかると、何が幸せなのか 「豊か」って何?とわからなくなる時期が長くありました。

幸せに「見える」人を羨ましく感じ、彼らのようになってやる!と息巻いた時期もあった。

しかし、ある日 とても豊かに見えた親しい友人から「何でも手にできて幸せそうだ!」と言われて、初めて 自分と人の感じる幸せに温度差があることに気がついてからが、「幸せ」とは何かがわかった。何故か それからが とても楽になった。

どんなに、セレブになっても、大金・豪邸を持っても・・・結局のところ、目的を持って働き、一つ一つ手にしていかないと自己満足がないと幸せなんて感じないのである。(※ 私の場合、どんなに高級車に乗せられても、高価な物をプレゼントされても、それさえも価値を見いだせませんでした。当時 簡単に処分できたのも「何も感じなかった=努力して得たものでなかった」からと今は言えます。処分したことも後悔が微塵もない。)

それは当たり前だと思うでしょうが、これが若い頃・・・社会に出て暫くして 学生時代の友人達との間に生活差が出始めると一層わからなくなるのである。若い頃は、辛いことに気がつかないのである。

何故かって?人と比較する自分がいること、他人が人と比較・・・たやすく評価する。何より人を羨む心があること。

この三つが、時折 人として心身ともに成長することの妨げになっているのである。ある程度 社会で生活し、収入を得るようになったら、過去を振り返るのではなく、人と自分を比較するのではなく、「自分自身」の現在の自己満足度の度合いを測るべし。

ネット社会が始まり、何かと様々な人々の生活を簡単(たやすく)「一層」目に出来るようになると、我が幸せと人の幸せがかぶり、

見誤る。失敗する。ともすると妬む心がわく。

底なしの豊かな生活に憧れるようになったら・・・この詩を思い出すといい。


数え切れないほどのスポットライトの輝き 夜空から盗んだ無数の星々 それらを得られても 私は全く満足しない けして満足することがない。金のタワーなんて ちっぽけ過ぎる この手で世界をものにしたとしても 私が満足することはない 決してみたされることはない 私には、決して満足できない 絶対に、絶対に、私には、絶対に、 絶対に、 満足できない。


どんなにセレブと知り合おうと、大金持ちになろうと・・・

そう・・・自分の幸せなんて、所詮 自己満足の世界でなりたってます、はい! 100%幸せで豊かな人・・・いるかいないかわかりませんが、神様仏様でしょう。

途中で立ち止まってもいい!引き返してやり直すことなんて、沢山出来ます。人生の中で、ちょいと戻るなんて当たり前と思って下さい。取り戻せないこと(人)?それは貴方にとって意外と、ほかでもない未来の貴方自身が「どうでもいいこと」「価値の無いこと」「縁の無いこと」と感じることがほとんどです。上司を含む諸先輩方の話で理解できなかったことは、経験をある程度踏んでから理解できることも多いです。これにおいては、40代後半くらいから理解できる=繋がり出す事も多いので、(期待に添えなかったと)ガッカリしないように。内容によりますが、

※ 何事も結果オーライ!!はじめよければ全てよし!だけでなく、時間をかけてでも達成(理解)できることに意味があります。ひとつの物事に、達成=結果は一つで無いこともあります。

貴方の人生映画は、貴方が主役です。脇役に廻る必要もありません。

貴方の踏みはじめる経験が、未来の貴方自身の背中を押せるように、地に足のついた貴方らしい幸せを手にするために、頑張って下さい。陰ながら、応援しています♪♪




自分の経験と先人達の経験が重なるときが来るよ♪
7
建設・設備会社 取締役  ビートルズ初来日の年に誕生♪♪ 中途半端な世代の私が、何を問いかけ、何が残せるか。 わたし?高野文子さんの漫画「るきさん」のような・・・いえ、性格そっくり!?な人です ・~;)♪へへ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。