無題

#30年後あったらいいな: 日本版 サンシティ

 30年後・・・私は、生きていれば80代のおばあちゃんである。これは今更難しい=遅すぎるのかもしれないが憧れの街がある。

10代・・・中学3年生くらいの頃に観たNHK番組「海外ウィークリー」で紹介のアメリカに実在する高齢者の街 サンシティが私の老後住みたい街の憧れである。医師・警察官・消防士・介護士・・・街に住む全ての人々が高齢者であり、高齢者しか住めないのである。高齢者の中で、経験のある職で支え合っているのである。子供達は「会いに街に遊びに来たときに、彼らの出来ないことを助けるのである。」当時の私は何故か、これは日本に出来て欲しい=強い憧れを持った。たぶん この街に住む人々が高齢者=若さが際立ち輝いていたからである。もちろん、当時の日本では「口に出すことも出来ない(許されない!?)」伴侶を失った人同士の結婚もあり、感心が深かったのは新たな結婚相手との「遺産相続」までをも取り上げたからである。これらの仲介役も「同じ気持ちのわかる」高齢者の「街の住人=仲間」である。これには、強い衝撃を受けた(シルバー世代の恋愛・結婚があることに驚いたのである。※実際、結婚された新たなご夫婦や親族も紹介があった。)

少子高齢化の進む日本。子供達(高齢者の子供)のレベルでは親の気持ちは理解できないこと(域)が多い。高齢(親) 対 若者(子供) では、理解しろというほうが「どちらの立場にしても 残酷である」。また、同じ高齢者同士の環境になると「準備すべき事が見えてくる」。ある一定の年齢から「高齢者」内で段階や役割をつくりだすサンシティのような構造が出来ればと。各都道府県(ある一定の間隔に)で出来るのが理想である。

30年後 80代の私の環境は高齢者には住みよい街だろうか?

※ 核家族が増え、子供達が日々の生活に追われ、親の実態=高齢になっている環境を知るとき、遅い(慌てふためく)ケースも多々ある。また高齢者によっては自身が その域に達していることに突然気づくケースもあり、様々に準備が整わないということがる。こんな高齢者に段階のある街があり住むと親子とも安心である。

自分の経験と先人達の経験が重なる時、夢=未来が近づく。
7
建設・設備会社 取締役  ビートルズ初来日の年に誕生♪♪ 中途半端な世代の私が、何を問いかけ、何が残せるか。 わたし?高野文子さんの漫画「るきさん」のような・・・いえ、性格そっくり!?な人です ・~;)♪へへ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。