見出し画像

海外のヤングアダルト小説3選📚

ヤングアダルト小説を知っていますか?

ヤングアダルト小説とは主にティーンエイジャーが対象の本です。基本的に図書館でも児童書とは別にYA(ヤングアダルト)コーナーが設置されています。アメリカでは特に充実していて、テレビドラマや映画化された作品も少なくありません。なかでも有名なのは人間とヴァンパイアの恋愛を描いた「トワイライト」や、ニューヨークに住むセレブ高校生の日常をドラマ化した「ゴシップガール」です。その他にもヤングアダルト小説から人気作品はたくさん出ています。

今回は私が中学生の頃に読んでいた海外のヤングアダルト小説を紹介します。同じティーンでも時期によって変わるのでローティーン期が中心です。

小学生:ロアルドダールなど(児童書)
小学校高学年〜中学生:←今回はココ(ローティーン)
中学生後期?〜高校生:トワイライト、ゴシップガールなど(ハイティーン)
※トワイライトは映画と小説、ゴシップガールはドラマのみ視聴。

 

プリンセス・ダイアリー(著:メグ・キャボット)

画像4

高校1年生のミアは内気な女の子。学校でも目立たない存在だけど、親友のリリーと毎日楽しく過ごしている。そんなある日突然祖母が訪ねて来て、ミアはジェノビア国のプリンセスであると告げられる。普通の高校生活だけでもいっぱいなのに、プリンセスとしての修行もすることになり…


メグ・キャボットさんのヤングアダルト小説を当時一番読んでいました。メグ・キャボットさんはティーン向けの小説をたくさん書かれていて、プリンセス・ダイアリーは一番有名な作品だと思います。2001年に『プリティ・プリンセス』というタイトルでアン・ハサウェイ、ジュリー・アンドリュース主演で映画化され、2004年にも『プリティ・プリンセス2』という映画オリジナルの続編も出ています。

実は映画化されているのはほんの一部で、原作は10巻以上あるシリーズものです。単純なシンデレラストーリーかと思いきや、1巻から読んでいるとミアの悩みや恋愛模様、プリンセスとしての成長を知ることができます。題名が”ダイアリー”というように基本的に日記形式で書かれており主人公の思いが赤裸々に綴られています。ミアはプリンセスだけど普通の高校生と同じように代数が苦手で、胸が小さくて悩んでいる等身大の女の子でした。主人公視点で感情移入しやすいので、ミアと同じように一喜一憂して物語を楽しめます。

実はプリンセス・ダイアリーには日本人が何人か出てきました。ミアは一国のプリンセスなので他国のプリンセスとも交流があります。各国の王室の集まりで『プリンセスアイコ小さくて可愛い〜!』みたいな場面があって、名前そのまんまじゃん!と当時読みながら思っていました笑。またミアの彼氏・マイケルが日本に留学する話や(崖っぷちのプリンセス編)、日本人の女の子ミドリちゃんとの仲を疑うシーンもありました。(しかもミアは内心「ミドリのスカート短くない?」と思ってます😂)


☆ちなみにTWICEのWhat is Love?のMVにプリンセス・ダイアリーの映画パロディがあります。映画を見たことがあればどのシーンかきっと気づくはず!



メディエータ(著:メグ・キャボット)

画像1

イメージ:PexelsのLina Kivakaによる写真

スザンナ・サイモンは幽霊と話ができる霊能力者(メディエータ)。霊能力者という点を除けば普通の女子高生だけど、成仏できない幽霊を霊界に導く手助けをしている。ただ幽霊が見えるだけでなく、触れることもできるので日常的に怪我をすることも多い。ある日、引越し先の家で自分の部屋に取り憑いたジェシーと出会う。ジェシーは何かしらの過去が原因で成仏できないでいるようだった。スザンナはジェシーが幽霊と分かりつつも紳士的な優しさに少しずつ惹かれていく。そんな頃、同じく霊能者であるポールが転校生としてやってくる。


こちらもメグ・キャボットさんの作品ですが、もっとファンタジー寄りで少女漫画っぽい恋愛要素もあります。

主人公のスザンナが霊能力者のため、幽霊や霊能力者が度々登場します。ジェシーのような心優しい幽霊だけではなく、危害を加えようとする幽霊もいるためハラハラする展開も多いです。また恋愛面ではスザンナ・ジェシー・ポールが三角関係に発展します。ジェシーは紳士的で黒髪のイケメン、ポールはスポーツマン系でスザンナにガンガンアプローチするイケメン…という見事にタイプ違いのイケメンです(最高)。正直どっち選んでも良くない?と思う場面もありました。しかしジェシーはすでに死んでいる幽霊で、ポールは滅多にいない同じ霊能力者であることから3人の関係が今後どう変わっていくかが見所です。


そしてなんとメディエータの映像化が決定しました!!絶対見たい!!!

今まで何度か映像化の話が出ても、原作に寄り添ったストーリーにするため実現しませんでした。メグ・キャボットさんの作品ではプリンセス・ダイアリーが一番有名ですが、熱狂的なファンが多いのはメディエータらしくファンをがっかりさせないため原作のストーリーを大切にしていたようです。

近年Netflixのようなストリーミングサービスが映像化に成功していることを受け、今回メディエータの映像化が決まりました。現在はコロナの影響もあり詳細はまだ未定とのことです。


トラベリング・パンツ
(著:アン・ブラッシェアーズ)

画像4

レーナ、ブリジット、ティビー、カルメンは昔から大の仲良し。いつも一緒にいたが16歳の夏休みは初めて別々に過ごす予定。そんな時に古着屋さんで不思議なジーンズと出会う。それは体型がバラバラな4人にもぴったりで、魅力的に見えるまさに魔法のジーンズだった。運命を感じた4人は夏休み中ジーンズを順番に送り合い、それぞれ旅の報告をすることにした。離れていても1本のジーンズが友情を繋いでいく青春物語。


この小説が面白いのは4人それぞれの視点で書かれている所です。夏休みの間、レーナは祖父母の住むギリシャへ、カルメンは離婚した父と一緒に過ごし、ブリジットはメキシコでサッカーキャンプに参加、ティビーは地元のスーパーでアルバイトをします。一冊の本の中で何度も視点が入れ替わり、全員が主役という面白さがありました。それぞれ違った経験をするので、異なる場所で恋愛や家族との関係性に悩みながら成長していきます。

当時特に好きだったのはレーナです。ギリシャを舞台にした恋愛模様はまるで映画のヒロインのようでした。しかも続きが気になるところで次のターンになったりするので、毎回どうなるの?!とハラハラしながら読んでいました。

こちらも映画化されていて2005年に「旅するジーンズと16歳の夏/トラベリングパンツ」、2008年に「旅するジーンズと19歳の旅立ち」が公開されています。どちらも見ましたが、本で読んだ時のキラキラした青春が再現されていてとても良かったです。

ちなみに当時あまり有名でなかったブレイク・ライブリーがメインキャストで出演し、注目を浴びるきっかけになりました。以降、他のキャストも様々なドラマや映画に出演しています。




最後に

ヤングアダルト小説はティーンエイジャーの頃に読むと何倍も魅力的に見えました。もし大人になって初めて読んでいたら、当時と同じワクワク感は得られたのでしょうか。もちろんどれも名作なので面白いことは間違いありません。でも十代だからこそ知らない世界への憧れで輝いて見えて、自分とほぼ同年代の子が主役だからこそ感情移入しやすかったのだと今では思います。

ではもう一度同じ小説を読んだらどのように感じるのでしょうか。もしかしたら以前より細かい点に気がついて、昔とは違った面白さがあるかもしれません。ただ、無鉄砲な主人公の行動には今読んだ方がある意味ハラハラさせられる気がします。笑



その他の海外YA小説

「ジンクス 恋の呪い」「ティーンアイドル」「アヴァロン」…etc. 全てメグ・キャボット著
「ミッドナイト 真夜中の妖精」ジャクリーン・ウィルソン著
「スターガール」ジェリー・スピネッリ著
13ヵ月と13週と13日と満月の夜」アレックス・シアラー著
「青空のむこう」アレックス・シアラー著      

この中だと「13ヵ月と13週と13日と満月の夜」が特に面白かったです。ファンタジーなのに最後まで展開が読めなくて、当時かなりワクワクしながら読んでいました。ただ残念なことに、だいぶ前に読んで内容があやふやなため今回のレビューからは外しています。他にもタイトルが思い出せないものがいくつかあるので、今度読み返してYA小説の第2弾が書けたらと思います。



日本のYA小説:二作とも永井するみ著
「カカオ80%の夏」「レッドマスカラの秋」
日本の小説ですが、海外のYAっぽい雰囲気があって好きでした。


嬉しいです!!
ドラマや映画、読書、旅行、K-POPなど趣味はバラバラです。 以前ブログをやっていたので過去記事を載せることがあります。