いかに早くプロダクトの価値を感じてもらえるか、とは?
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

いかに早くプロダクトの価値を感じてもらえるか、とは?

プロダクトアウトって聞いたことがあると思います。
企業が商品開発や生産を行う上で、
作り手の理論や計画を優先させる方法のことです。

買い手(顧客)のニーズよりも、作り手がいいと思うものを作る
作ったものを売るという考え方です。

一方、マーケットインは、ニーズを優先し、
顧客の声や視点を重視して商品の企画・開発を行い、提供します。

プロダクトアウトの対義語であり、顧客が望むものを作る
売れるものだけを作り、提供するという考え方です。

現在は、供給過剰な世の中で
良いものでも売れない事態が深刻化しています。

よって、コロナ禍においても顧客の視点やニーズを重視しようとする
マーケットインの発想が広がっていきます。

プロダクトアウトか、マーケットインか

こうした時代の流れを踏まえると、
プロダクトアウトは古い概念で、
商品開発としては顧客のニーズや視点を
取り込んだマーケットインが優れている
のではないかと思われがちです。

しかしながら、本当にそうでしょうか?

PLG プロダクト・レッド・グロース
(プロダクトでプロダクトを売る時代)
という10月22日の発売予定の書籍の中では、
違う視点で語っています。
そのPLGとは、
プロダクトをいち早くエンドユーザーに届け、
その価値をできるだけ早く感じてもらう

その結果、プロダクトでプロダクトを売る状態
を目指す戦略のことです。

プロダクトアウトとマーケットイン
どちらか一方に偏るのではなく、
両方を意識した戦略を考えていくことが重要です。

ネットフリックスのサービスのように、
サブスクリプションサービスやアプリなど、
試したい時にすぐに試せる環境に
慣れてしまった私たちにとって、

いかに早く、プロダクトの価値を
感じることができるか?
があたりまえとなりました。

セールスがプロダクトを売る時代は終わり
プロダクトでプロダクトを売る時代へ
と一気にパラダイムシフトが起きているのです。

そんな時代の流れもあり、
現在、米国のソフトウェア・スタートアップ業界において
2021年はPLG時代とも言われています。

PLGはいかに早くプロダクトの
価値を感じてもらえるか?

がポイントになります。

コロナ環境下で一層存在感が増す
PLGですが、その発想はとてもシンプルです。
プロダクトをいち早くエンドユーザーに届け、
その価値をできるだけ早く感じてもらうこと
がその目的です。

PLGでは、まずプロダクトを無料で開放し、
エンドユーザーに実際に触れてもらいます。

そして、価値を感じてもらったユーザーを
有料版へと誘導するのが、
PLGの顧客獲得アプローチの定石です。

追伸
詳しくは、ミニマム通販の全貌より
https://luceflix.com/optin-510699311633433141757

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
通販プロデューサー&通販コンサルタント通販コンサル  西村公児

インターネットを活用して自分の商品・サービスを売りたい! でもなかなか売れずにモヤモヤしている問題を解決する アドバイスをしています。 https://www.youtube.com/channel/UCxrQWY0HlXqFcOfe02_uztg/videos

通販プロデューサー&通販コンサルタント通販コンサル  西村公児
上場企業から化粧品通販会社まで20年以上勤務。株式会社ルーチェ設立後、独自メソッド「6ステップ法ベルトコンベア理論」を提唱。書籍は「伝説の通販バイブル」(日本経済新聞出版社)、 「小さな会社ネット通販 億超えのルール」(すばる舎)。多摩大学 経営情報学部の非常勤講師も兼務する