マガジンのカバー画像

等身大の企業広報

29
等身大の企業広報イベントに関する記事をまとめています。
運営しているクリエイター

記事一覧

「ファンとつながるプレスリリース活用法」を8月30日(火)13時に開催します。

8月30日(火)13時から、「ファンとつながるプレスリリース活用法」をテーマに、アークランドサービスホールディングス株式会社のブランドである、かつやの鈴木さんと、東京たらこスパゲティの小林さんにお話しいただきます。 インターネットやSNSの普及によって、従来は文字通りプレスやメディア向けだった「プレスリリース」が、顧客やファンに直接届く時代になっています。 ただ、そうしたプレスリリースの在り方は従来のプレスリリースと少しアプローチが異なるようで、まだどう取り組めば良いか戸惑

スキ
32

ビームス、マネーフォワードに聞く、社員を巻き込む新しい発信のかたち #等身大の企業広報

だれでもがWeb上で発信できる現代。人々が求めているのは、きれいな言葉で彩られた広告ではなく、リアルなひとの姿が感じられるコンテンツです。 言い換えるならば、従業員一人ひとりが自ら発信した生の声は、自社をエンパワーメントするコンテンツになりうるということ。 では企業はどうすれば、従業員のエンゲージメントを高め、自分ごととして自社や自社のサービスについて語ってもらうことができるのでしょうか。 第13回目の「等身大の企業広報」では、株式会社ビームス矢嶋正明さんと、株式会社マ

スキ
29

【アーカイブ公開中】広報視点で考える「等身大の企業広報」を開催しました。

2020年12月にはじまった「等身大の企業広報」も、おかげさまで今回が14回目の開催となりました。 ▽本イベントのアーカイブはこちらからご視聴いただけます。 SNSやnoteのような企業が顧客と直接コミュニケーションが取れるツールが普及した結果、従来のマスメディアを通じた広報とは異なる新しい形の企業広報が必要なのではないか、という思いで立ち上げた「等身大の企業広報」のオンラインイベント。 開始から1年半もたちリアル回帰の流れもありますので、次回から企業担当者の方々にも企画

スキ
60

キリン・平山高敏さんに聞く「なぜいま法人がnoteを選ぶのか?〜効果が得られるはじめ方・つづけ方〜」note法人利用 1万件突破記念イベントレポート

noteの法人利用が1万件を突破しました! その記念として、キリンホールディングスでオウンドメディアを作り上げた平山高敏さんにお話をお伺いします。オウンドメディアの現状からコンセプトの建て方、実際の作り方とその評価について。そして、その中でnoteをどのように捉えて使っていくべきなのか? 平山さんの知見と経験に基づくロジカルな解説は、オウンドメディアに関わる人のみならず、企業の発信に携わるメディア運営に携わるすべての人の参考になる内容です。 また後半では、noteの廣瀬藍

スキ
68

会社への「愛」を、社外の人にどう伝えるか――SmartHRたけべさんと、エン・ジャパン清水さんが語る、「オープン社内報」のはじめかた

コーポレートサイトやSNS、オウンドメディアなど、企業が情報発信するツールはさまざまありますが、なかでも最近「オープン社内報」の取り組みが注目されています。 「オープン社内報」とは、noteなどを活用して、これまで社内だけで共有していた「社内報」を、社外にも公開し、企業の情報発信ツールとして活用する取り組みです。 今回の「等身大の企業広報」では、いち早く「オープン社内報」に取り組んでいるSmartHRのたけべ ともこさんと、YouTubeを使った「オープン社内報」で話題の

スキ
52

【アーカイブ公開中】 ビームス、マネーフォワードに聞く、社員を巻き込む新しい発信の形 #等身大の企業広報

▽本イベントのアーカイブはこちらからご視聴いただけます。 5/31(火)13時「社員を巻き込む新しい発信の形」をテーマに、ビームスの矢嶋さんと、マネーフォワードの金井さんにお話しいただきます。 オウンドメディアやSNSによってインターネット上の情報量が増え続けています。本当に伝えたいメッセージや商品・サービスの魅力を届けるには、企業はどう振る舞えはよいのでしょうか。 その鍵を握るのが「社員の声」です。日頃から会社や商品・サービスに触れている社員が、一個人としてその価値を

スキ
69

サッポロビール・土代さんと東急ハンズ・本田さんに聞く、顧客の声からヒットを生む方法とは? #等身大の企業広報

だれもが自由に発信できる現代において、インターネット上では会社や商品・サービスに対するさまざまな声があふれています。一個人から寄せられた感想や要望を、企業はどのように受け止め、生かしていけばよいのでしょうか。 今回の「等身大の企業広報」は、お客様との共創によるビールづくりに挑戦しているサッポロビールの土代裕也さんと、Twitterアカウントの「中の人」としてソーシャルメディア戦略に関わっている東急ハンズの本田浩一さんにご登壇いただきました。「顧客」と「つくるひと」の境界が曖

スキ
35

【アーカイブ公開中】SmartHR、エン・ジャパンに聞く、社内報を公開するメリットとは?【4/26(火)13時/申込制】 #等身大の企業広報

4/26(火)13時「社内報を公開するメリットとは?」をテーマに、SmartHRのたけべさんと、エン・ジャパンの清水さんにお話しいただきます。 近頃「オープン社内報」という言葉を聞くことが増えてきました。2020年4月から実施しているnote上のお題企画「#オープン社内報」には、すでに1万件を超える投稿が集まっています。これまでクローズドにしていた社内報をオープンにすることには、どんなメリットがあるのでしょうか。 今回は、オープン社内報ブームの火付け役の一社とも言えるSm

スキ
58

オウンドメディアにルールはない━━カインズ・清水さんとキリン・平山さんが語る、オウンドメディア成功の秘訣 #等身大の企業広報

コーポレートサイトやSNS、プレスリリースなど、企業が情報発信をする場所はさまざまあります。そんななか、オウンドメディアに求められる役割とは何なのでしょうか。どうすればうまく運営しつづけられるのでしょうか。 今回の「等身大の企業広報」では、注目を集めるオウンドメディアを運営されているカインズの清水俊隆さんとキリンホールディングスの平山高敏さんをお招きし、運営のこだわりや試行錯誤の過程をお伺いしました。オウンドメディアの運営に悩んでいる方にとってヒントになれば幸いです。 合

スキ
67

【アーカイブ公開中】サッポロビール・東急ハンズに聞く、顧客の声からヒットを生む方法 #等身大の企業広報

3月28日(月)13時「顧客の声からヒットを生む方法」をテーマに、サッポロビールの土代さんと東急ハンズの本田さんにお話しいただきます。 誰もが自由に発信できる現代において、インターネット上では会社や商品・サービスに対する様々な声があふれています。一個人から寄せられた感想や要望を、企業はどのように受け止め、活かしていけば良いのでしょうか。 本イベントでは、SNSやnoteを活用してお客様との共創によるビールづくりに挑戦されているサッポロビール 土代さんと、ツイッターアカウン

スキ
42

【アーカイブ公開中】カインズ・キリンが語る、オウンドメディア成功の秘訣 【3/1(火)13時/申込制】 #等身大の企業広報

3月1日(火)13時「オウンドメディア成功の秘訣」をテーマに、カインズの清水さんとキリンの平山さんにお話しいただきます。 コーポレートサイトやSNS、プレスリリースなど、企業が情報発信をする場所はさまざまあります。そんな中、オウンドメディアに求められる役割とは何なのでしょうか。どうすればうまく運営しつづけられるのでしょうか。 今回は、数あるオウンドメディアの中でも特に注目を集めている、カインズの清水さんとキリンホールディングスの平山さんに登壇いただきます。運営のこだわりや

スキ
67

「1年分の学びを1時間で振り返ります」#等身大の企業広報 総集編

オウンドメディアを運営している先行企業のキーマンをゲストにお招きし、SNS時代の法人としての振る舞い方や自社・サービスの魅力的な伝え方をおうかがいしている「等身大の企業広報」。 開始から1年が経った区切りに総集編を実施しました。各回で繰り広げられたお話のなかから、とくに参考にしていただきたい取り組みやポイントを厳選してお届けします。 「等身大の企業広報」立ち上げ背景高越  「等身大の企業広報」はちょうど1年前にはじまりました。当時、さまざまな法人セミナーを開催するなかで、

スキ
45

サイボウズ×サツドラHD代表に聞く「トップの言葉をいかす広報戦略」とは #等身大の企業広報

「めざす企業や社会を創るため、何をどう世に伝えるか。手段ではなく、目的が第一」と、サイボウズ代表取締役・青野慶久さん。 「震災やコロナ禍の非常時に、自社の社会的な役割と自らSNSで発信することの意味がみえてきた」とは、サツドラホールディングス代表取締役社長兼CEO・富山浩樹さんの言葉。 上場企業のトップでありながら、カジュアルで攻めた情報発信をしている経営者おふたり。その姿勢が社内の「ひと」を動かし、従業員によるオウンドメディアやSNSでの発信が注目を集めています。 毎

スキ
112

【アーカイブ公開中】#等身大の企業広報 総集編 1年分の学びを1時間で振り返ります

12月21日(火)14時より、等身大の企業広報セミナー全8回分の学びを1時間で振り返る「等身大の企業広報 総集編」を開催します。 これまでnoteでは、オウンドメディアを運営している先行企業のキーマンより、SNS時代の法人としての振る舞い方や自社・サービスの魅力的な伝え方を学ぶ機会として、等身大の企業広報セミナーを開催してきました。 今回はその総集編として、各回で繰り広げられたお話の中から、特に参考にしていただきたい取り組みやポイントを厳選してお届けします。過去セミナーに

スキ
26