トライアリズム・ウォーマシン
見出し画像

トライアリズム・ウォーマシン

 戦争エキシビションの体験会、私が選んだのは大きなハンヴィー。座席シートがふかふかしていたからだ。あと、朝里が隣に乗れる乗り物。

「最近は戦車も有名だぞ」といったのは朝里――私の友達だ。彼女は戦闘機のエースパイロット。すごい。給料もすごい。ライバルも多いし、朝里がいると周りがザワつく。私も鼻が高い。

「チームプレイで難しそうかなって。私、運転手でいい?」
 朝里は頷く。

 彼女は助手席に乗り込む――今回は紅白戦だけど、今日の朝里はオフだ。だから彼女はナビ役。でも有名なので、後ろから乗り込む人が朝里をめっちゃ見ている。鼻が高い。

 昔の人はVRを被っていたけど、いまはドームとしてVRを使う。入った時からVR体験は始まっているのだ。キーを挿した瞬間、世界が砂漠の基地に変わった。私も彼女も軍服を着ている。朝里は迷彩色なのにそれが映える。反則だと思う。

 ゲートが開く。他の車両と一緒に出発――しようとして、基地が爆発した。

「出して」

 朝里がいうが、声が焦っている。

「早く!」

 私はアクセルを踏む。他のハンヴィーと列を作って走る。先頭のハンヴィーが機銃掃射を浴びてズタズタになり、中から誰かが転がり落ちた。血まみれだ。

 備え付けの無線から声がする。

「そっち、誰か聞こえる? 白チーム、安城朝里って人いない?」

「澪か」

 朝里が無線を取る。

「緊急事態だ。あんな演出はない。死人が出ている。手を貸してくれ」

「断る」

「なに」

「こっちでもアタシのチームは全滅したわ。でも関係ない。アンタがいるもの。アンタに三十敗したんだから、一発くらい食らわせないとね。無線で場所は割り出したから、いまからそっちに行く。まとめて吹っ飛ばしてやるわ!」

「そんなのだめ!」

 気づくと私は叫んでいる。有名選手の彼女がやられるなんて、あってはならない。

「は? 誰アンタ」

「朝里の友達! 九条水琴! 私がいるんだから絶対負けない!」


【続く】

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
復路鵜

頂いたサポートは本の購入・取材・他記事サポートに使用します。

書きます……どんどん書きます……
小説を書いて勉強しています。 自サイト(がらくた採掘場):http://clannadetc.s56.xrea.com/ 連絡先:eulearo2877■yahoo.co.jp