見出し画像

子供がいない夫婦は可哀想なのか?

女性が結婚すると、必ずと言っていいほど聞かれる質問がある。

「子供はどうするの?」

この質問は一部の女性にとって、胸がエグられるような、辱しめを受けるような、セクハラをされているような、焦らされているような、市民権を得られないような、世間の常識を押し付けられているような・・・とにかく、文字数の少なさの割には殺傷能力が高く、複雑な想いを体中グルグル駆け巡らせ、壮大なプレッシャーを感じさせている言葉なんだと知ってほしい。

家庭には、というか、女性には、人それぞれのデリケートな事情がある。

子作りに前向きな女性もいれば、苦労を経て不妊治療を受けている女性もいる。はたまた「いつか授かりたいけど今じゃない」ってタイミングもあるし、人様に対して声に出して言いたくない事情を抱えているケースだってあるのだ。

子作りに関して質問されて、窮屈な想いをした経験のある女性の気持ちを代弁すると「そっとしとけよ、クソ野郎」

信頼関係を築いている訳じゃないのに「子供は?」とウカツに質問した経験があるのならば、その無神経さを自覚して頂きたい。

・・・と、冒頭から喧嘩腰で語ってみた私本人は、既婚者・子なし・もうすぐ33歳。

今まで、両手だけでは数えられないほど「子供は?」系の質問を受けたけど、それに対して私自身はノーダメージ。何故なら「うち、子供は産まないんです。」の一言で、爽快なほどに会話が完結するからだ。相手はそれ以上何も聞いて来ない。いや、何も言えないのかもしれない。

私みたいな考えは決して憧れられるものじゃないけど「こういう女も例外として存在するのか・・・」くらいに頭の隅に置いて、”子なし”であることを窮屈に感じているアラサー女性が、少しでもホッとしてくれたらとても嬉しい。

DINKSという生き方を選んだ

画像1

私は、DINKS(ディンクス)という生き方を選んだ。

DINKSとは、Double Income No Kids(共働き・子供なし)の頭文字を並べたもの。子供を意識的に作らない、持たない夫婦を指す。(※結婚したばかりで子供がいない夫婦、何らかの事情で子供を持てない夫婦は含まれない。)

選んだ、というか「子供は産まない」条件で結婚している。

理由は単純で、複雑な家庭で育ったせいか”親子の絆”を全く信頼していない。親子は分身のような存在のはずなのに、こうも他人として生きるパターンになっちゃうのかと。「家族」のコミュニティと「暖かさ」が結びつく記憶がインプットされてない。だからか私には「お母さんという存在になりたくない」価値観が形成された。

「じゃあ逆になんで結婚したの?」と質問されれば「プロポーズを断る理由がなかった」「最後の恋愛にしたいと思ったから」と答える。以上。

子供を持たない夫婦のカタチ

画像2

私と同じような価値観を持っている、とある女性も「こんなことを主張したら叩かれそうだし・・・」と伏し目がちに語っていた。

それを聞いて「子供は産まないで生きていきます」なんて言い続けていれば、批判してくる人も現れるんだろうなと気づいた。

もしそれで叩かれたとしても、凹まないし、屈しない自信が私にはある。

自分の家庭の事情は、自分と夫とで話し合って決めることだからだ。

別にこの考えを誰にも押し付けようともしないし「子供を産まない選択がみんなにとって最善だ!」と言ってる訳じゃない。

ただ、私たち夫婦にとって一番の幸せを実践してるだけ。私たちの幸せを他人からあーだこーだ言われても「私たちの何を知ってるんだ?頭のおかしなチンプンカンプン野郎だな。」と2人でポテチ食べながら悪口言って終わる。きっと。

大事にしたいのは、今目の前にいる身近な人とのコミュニケーション。DINKSの生き方が少しずつ世間に認知されていけば、もっと生きやすくなる女性が増えると思う。

私はこの先「子供は?」と質問されても、心に波風立てることなく「産まないです。」と答え続ける。

【追記】メディアで取材を受けたり、YouTubeなどでDINKSのことを多く発信するようになったら、多くの批判が来ました。それによって心情の変化があったかや、よくある批判についてお答えした記事がこちらなので、ぜひ合わせてお読みください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
私もスキです♡
387
webライター。東京音楽大学卒業。バンライフ、ADHD、子供を産まないDINKS、亡くなった母の話など。YouTube開設2ヶ月半で登録者5万人。

こちらでもピックアップされています

#育児 記事まとめ
#育児 記事まとめ
  • 822本

妊娠から出産、子育て、教育についてなど、noteに投稿された育児系の記事をまとめていきます。

コメント (8)
はじめまして。このnoteを読んで救われる思いでした。ありがとうございます。
私も同感です。私も子供を産まない主義で、貫いた人生です。しかし、25歳で結婚し30代は「子供は?」の連続でした。「産まない主義なんです」「子供嫌いなんで」何度同じことを言ったかわかりません。不妊治療中や子供ができずにあきらめた女性たちには「同じ境遇だね」って言われたことも。彼女たちには【子供を産まない】という私の生き方は理解できないよう。不思議です。女=子供を産むは、時代錯誤だと私は思っています。
スキッとした記事でした。
子供はいますが、
子育ても人それぞれ。
結婚、妊娠、仕事、
人生観も人それぞれ。
生きにくい世の中ですが、
最後はいつもそう思います。
始めまして。 NOTE初心者なので、自分のページにはまだ何も(汗)
自己紹介で恐縮です。
 実は、私も子を作らないと決めてました。 世界の惨状や、これからやって来る、様々な環境変異や人災が目まぐるしく発生するので、生と苦労させるんじゃないか? で、有れば、養子縁組で、可哀想な子を育てるのが良いかも・・・と思い巡らしていましたし、家内も幼少期苦労していたので賛同してました。 まあ、私も家内もADHDだったのでしょう。 特に私は、集団がダメで、エレベーターやバスに乗るとパニックに陥りそうです。 幼児期には、直ぐに飛び出したからバスに乗れなかったと母がボヤいてました(苦笑)
 ですが、色んな奇跡が続き、仕事に恵まれ、愛され結婚し、あちこちドライブ旅行宿泊に愉しんでました。  私は北海道出身、家内は栃木。 東京のハート形の噴火前の島で知り合い、5回目の顔合わせで結婚を決めました(笑) 
 そして、或る日、家内が道を知ってると言う尾瀬に宿泊を決め、家内の案内で誰が歩いても間違わない木橋ルートを歩いて遭難。 気が付いたら高い山の頂上でビバーク。
 
あれま、時の数がいっぱいに汗 次回続きます♬
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。