榎本岳幸@飲食店☆インスタ&LINE集客

榎本岳幸@飲食店☆インスタ&LINE集客

マガジン

最近の記事

  • 固定された記事

【お前の絶対をぶっ壊す】

今日は私の人生を大きく変えた 一言の話をしたいと思います。   ※長文です。   以前、19歳の時ハワイに、 1年間住んでいた話をしました。 (その話知らん!という方は こちらのバックナンバーをご覧ください) https://note.com/enomototakayuki/n/n1c0e85b3ef40    そしてハワイに1年いた後に ハワイで知り合った友達が、 ロサンゼルスにいるので、 その友達に会いに行った時の話です。   ハワイを立ちロサンゼルス空港に 着いたのが

    • Iメッセージの使い方

      今日もアドラー心理学の 【勇気づけ】についての話をします。 勇気づけとは困難を乗り越える 活力を与えることです。 ただいま【感情と上手に付き合う】 というテーマで話しています。 前回のメルマガでは 怒りの感情について 深堀りをしました。 基本的に【怒り】は 相手を傷つけたり、 攻撃的にさせたりすることになり、 非建設的な対応と言えます。 そして怒りをコントロール するためには、 まず怒りの一次感情を 知ることが大切だということも 昨日話をしました。 今日のメル

      • 怒りの感情はどこからやって来る?

        今日もアドラー心理学の 【勇気づけ】についての話をします。 勇気づけとは困難を乗り越える 活力を与えることです。 ただいま【感情と上手に付き合う】 というテーマで話していますが、 今日は特に【怒り】に注目して 話たいと思います。 ここでちょっと思い出して 頂きたいことがあります。 最近あなたが【怒り】を 抱いた状況と、 誰に対して怒ったのか を思い出して見てください。 ・どのような状況で? ・誰に対して? いかがでしょうか? 思い出せましたか? アドラー心理

        • 感情のコントロール

          今日もアドラー心理学の 【勇気づけ】についての話をします。 勇気づけとは困難を乗り越える 活力を与えることです。 今日からは 新しいトピックで 話ていきたいと思います。 それは【感情】についてです。 あなたは、良くない事と 思いながらも、 感情的になってしまい、 相手を傷つけてしまった という経験はありませんか? そして、罪悪感にさいなまれ、 だから感情を押さえ込んだり していませんか? まず知っておいてもらいたいことは、 どのような感情であっても、 とても大

        • 固定された記事

        【お前の絶対をぶっ壊す】

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 榎本岳幸のメルマガアーカイブ
          榎本岳幸@飲食店☆インスタ&LINE集客
        • マニュアル
          榎本岳幸@飲食店☆インスタ&LINE集客

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          このメールを開け!そして読め!(命令口調)

          今日もアドラー心理学の 【勇気づけ】についての話をします。 勇気づけとは困難を乗り越える 活力を与えることです。 今日のテーマは 【具体的な見本】です。 前回のメルマガでは 【命令口調】と【依頼口調】 の話をしました。 https://note.com/enomototakayuki/n/n520004074f65 今日は 相手に選択の余地を与えない 「命令口調」と 相手に洗濯の余地を与える 「依頼口調」の 具体例を話ます。 「命令口調」 ① かたい命令口調 「

          このメールを開け!そして読め!(命令口調)

          【命令口調と依頼口調】

          今日もアドラー心理学の 【勇気づけ】についての話をします。 今日のテーマは 【命令口調と依頼口調】という話です。 相手に行動を促す言い方は、 「命令口調」と「依頼口調」に 分けることができます。 「命令口調」は、 相手に選択の余地を与えない 命令調の言い方で、 上の立場の人間が下の立場の 人間に命令する印象が残ります。 命令された側は、 自分の立場・状況を 考慮されていないと感じると、 不快感が残ります。 これに対して 「依頼口調」は、 相手に選択の余地を与える、

          大事なものを食べられた!

          今日もアドラー心理学の 【勇気づけ】についての話をします。 今日のテーマは 【大事なものを食べられた!】という話です。 前回のメルマガでは 4つのタイプの【言い方】を 解説しました。 今回は、【勇気づけ講座ELM】で 行うワークをやったみたいと思います。 以下の文章を読みながら イメージをして頂きたいのですが、 あなたは冷蔵庫に 大切にとっておいた 限定発売の高級プリンを、 食べようとわくわくしています。 仕事から家に帰ってキッチンに行き、 冷蔵庫を開けるとプリ

          意見を伝える4つのパターンとは?

          今日もアドラー心理学の 【勇気づけ】についての話をします。 今日のテーマは 【意見を伝える4つのパターン】という話です。 アドラー心理学【勇気づけ講座ELM】では 人にものを頼む、自分の意見を伝えるやり方を 4つのパターンに分けています。 1.主張的…相手を傷つけないで、自分の意見を伝える。 2.非主張的…相手を傷つけないために、自分の意見を引っ込める。 3.攻撃的…相手を傷つけてでも自分の意見を聞き入れてもらおうとする。 4.復讐的…相手を傷つけ、しかも自分

          意見を伝える4つのパターンとは?

          言い方を工夫しよう!

          今日もアドラー心理学の 【勇気づけ】についての話をします。 今日のテーマは 【言い方を工夫しよう】という話です。 あなたは人に要求することは得意ですか? 人とのコミュニケーションにおいて、 自分の要求を他人に伝える、 という行為は避けて通ることができません。 しかも、その行為を難しく感じる人も 少なくないでしょう。 例えば、休日に、 家でゴロゴロしている旦那さんに、 掃除を手伝ってほしいと 奥さんが思ったとき、 それをどのように伝えたら 旦那さんは協力的に 引き受

          話し手を話し上手にさせるコツ

          今日もアドラー心理学の 【勇気づけ】についての話をします。 今日のテーマは 【話し手を話し上手にさせるコツ】という話の後半です。 昨日のメルマガをまだ読んでない場合には↓ https://note.com/enomototakayuki/n/nd9e8d1d0c382 まず、話し手を話し上手にさせるコツは8つ ①姿勢 ②態度 ③距離 ④表情 ⑤視線 ⑥あいづち ⑦質問 ⑧確認 です。 今日は後半の⑤からお話します。 ⑤視線については 鼻からのど元のあたりを 見て話す

          話し手を話し上手にさせるコツ

          ちゃんと聴いてるのっ?

          今日もアドラー心理学の 【勇気づけ】についての話をします。 今日のテーマは 【話し手を話し上手にさせるコツ】という話です。 話し手に違和感を 与えないような 態度で聴くということが 聴き上手のコツです。 共感的な聴き方とは、 自分の関心ではなく、 相手の関心で話を聴く態度でが、 次に話し手に 違和感を与えない ということが 重要となります。 話し手は、 一方的に話すのではなく、 聴き手の態度を 観察しながら話をします。 聴き手の態度に 違和感がある場合には、 話

          じゃあどうすれば良いの?

          今日もアドラー心理学の 【勇気づけ】についての話をします。 今日のテーマは 【聴き上手な対応】という話です。 これまで【聴き下手】について 話してきました。 ではどうすれば 【聴き上手】になれるのでしょう? 聴き上手になるための 最初のステップは、 自分の話したい誘惑を コントロールすることです。 そして、 自分の関心ではなく、 相手の関心に 関心を持つことです。 つまり相手に共感をすることです。 共感とは 相手の関心に関心を持つことです。 【相手の目で見て

          話の腰を折らないで

          今日もアドラー心理学の 【勇気づけ】についての話をします。 今日のテーマは 【話の腰を折らないで】という話です。 聴き上手になるためには 話の聴き手の態度、姿勢が重要で それは身体的な態度や姿勢だけでなく 心の態度や姿勢も重要と話をしました。 今日は具体的に話の腰を折る聴き方の話をします。 それは大きく分けると3つあり ①わずらわしそうに聞く ②相手の話をとる ③批判する なります。 例を上げると ①わずらわしそうに聞く A:「この前の休みに初めて沖縄に行ったんで

          下手だな~

          今日もアドラー心理学の 【勇気づけ】についての話をします。 今日のテーマは 【聴き下手にならないように】という話です。 人の話を聴く時に 聴き手に悪気はなくても、 話し手の話す気を削ぐ事を してしまうことがあります。 私がリビングのソファーに座り テレビを見ている時に、 妻が話かけて来る。 そんな時私がテレビを観ながら 顔を向けずに話を聞いたら、 妻は間違いなく 「聴く気がないな」 と感じるでしょう。 会話をする時には、 聴き手の態度により、 話し手に違和感を

          聞いてる?

          今日もアドラー心理学の 【勇気づけ】についての話をします。 今日のテーマは 【聴き上手になる】という話です。 あなたが話をしている最中に 誰かに口をはさまれたりしたら、 あなたはどんな気持ちになりますか? あなたの話を全面的に否定されたら どうでしょうか? あまり気分のいいものでは ありませんよね。 でも、私たちは 気づかぬうちにこのような 行動をしているかもしれません。 世の中には【話し上手】になるための 本やセミナーなどは多く存在しますが、 【聴き上手】に

          さまざまな見方・考え方の存在を認める

          今日もアドラー心理学の 【勇気づけ】についての話をします。 ※【勇気づけ】とは 困難を克服する活力を与えることです。 今日のテーマは【さまざまな見方・考え方の存在を認める】のまとめです。 世の中には色々な見方、考え方をする人がいます。 人はみなオーダーメイドの その人【独自のメガネ】を掛けています。 例えば、ある人は ある出来事を失敗と解釈して 悩んで行動を止めてしまう。 でも、ある人は 同じ出来事を教訓と解釈して 「成長できる!」と どんどん行動を起こす。

          さまざまな見方・考え方の存在を認める