見出し画像

一番好きな人

「一番好きな人とは結婚できないのよ」

バイト先のおばちゃんが、妙に説得力のある声で言った。

「旦那さんは一番好きな人じゃなかったんですか?」

まだ大学生だったけれど、思い当たる節があったわたしは、ひやりと心が冷たくなるのを感じながら聞き返した。

「そうね。一番好きな人とは上手くいかなくなっちゃうものなのよ」

おばちゃんは優しいほほ笑みを崩さずに話している。

もちろん、過去の恋人に順番なんて付けたことはないけれど、「あの人」とたった一人を思い浮かべる人は、わたし以外にもいるんじゃないかな。

当時、この少し前に、6年間付き合った人と別れた。ほとんど喧嘩もなく仲は良かったし、いろいろな困難を2人で乗り越えてきたという自信や絆もあった。「大学を卒業したら結婚するんだろうな」とぼんやり思っていたし、何度かそんな話をしたこともあった。

それなのにどういうわけか、自ら離れてしまった。あの時、自分でさえ自分の心が彼から離れていくのが怖かった。

「俺のこともう好きじゃないでしょ」

そう言わせてしまった時には、もう手遅れで。


“一番好きな人とは結婚できない”

ほんとうにそうかな。

でも、そうかもしれない。

休憩中、窮屈なバックヤードでまかないを食べながら「もう一番好きな人と結ばれることはないのかも」と思い、悲しくなったのを覚えている。

* * *

それからしばらくはその言葉をどこかで信じていたけれど、今は「一番好きな人とは結婚できない」と聞いても悲しくならないし、そうは思わなくなった。

どっちが一番だとか、今のほうが好きとか、何を比べてたんだろうって。

あの時わたしとぴったり合っていた人が、今は合わなくなった。それだけのことだと思う。一番、なんてない。

そう思えるようになってからは、もう悲しくない。過去は過去、今は今と切り離して考えられるし、どうせなら今を大事にしたい。過去の思い出はちゃんと自分の中にあれば、それでいい。

どんな過去があっても、今を幸せに生きようとする人でありたい。


そういえば、バイト先のおばちゃんも言っていた。

「今、幸せですか?」

「幸せよ」

まあるい頬を赤くして、とっても幸せそうな顔で。今と向き合っていれば、一番なんてなくなっているのかもしれない。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでくださり、とても嬉しいです!ありがとうございます。

わたしもスキです!
31
ライター。noteでは日常エッセイを書いています。お仕事依頼は emiri.4343@gmail.com まで。