幸せな色を抱えた色彩の中で。

画像1 幸せな色を抱えた色彩の中で、僕の日々が満たされてゆく。
画像2 花を美しいと思う気持ちは、自分の心が澄み切ってゆく、静かでとても大切な時間。
画像3 光に向かって、影を抱えて、それでもここで生きてゆこう。
画像4 何気ない風景が、かけがえのない輝きになる。
画像5 何も語らない色彩たちが、僕にそっと教えてくれる。明日をそっと見せてくれる。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んで下さってありがとうございます。大切なあなたの時間を使って共有できたこのひとときを、心から感謝いたします。 青木詠一

ありがとう。感謝です。
20
優しさ/悲しみ/人間関係/接客/クレームを描いたエッセイ「それでもお客様は神様ですか?」(大和書房)を出版「いくつもいくつも咲くために。言葉は小さな葉っぱなんだ」をテーマに今を生きる心のエッセイ・詩・写真を公開中。日本能力開発推進協会のメンタル・上級心理カウンセラーの資格を取得。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。