それでも今を生きてゆく【人生エッセイ】

11
記事

フリーターA君のそれでも輝く夢と

「オレ、今度、資格を取ろうと思って専門学校に通うことにしたんですよ」 アルバイトのA君が...

その命と言葉のない言葉たちと

昔、かなりご年配のお客さんと接客をしていて、テレビの寿命を聞かれて「そうですね。約10年く...

人を憎む心の仕組み

この頃私は思うのだけど、”誰かを憎む”という感情って、一体何なのだろう?どうして人は憎ん...

乾いた涙

私には今、とても苦手な人がいる。 出来るだけ顔を合わせないようにと 日々の努力を重ねていて...

ひとり上手

昔から、ひとりが好きだった。 幼い頃、小学校の頃、中学の頃、いつも私はひとりでいた。友達...

それでも後悔しながら生きてゆく

父の夢を見た。それは何の前触れもない、とても不思議な夢だった。私の父は、とうの昔に亡くな...

その自殺とその生きる意味と。

「わたし、かつて、自殺しようとしたことがあるんです」 エレベーターを待っているときに、ふ...

生きているということ。

谷川俊太郎氏の「生きる」という有名な詩がある。その一部をまず、紹介したい。 生きる 谷川...

なぜ生きるのか彼女は答える。

池田晶子氏の「あたりまえなことばかり」という本がある。いわゆるこれは哲学の本なのですが、...

それでも彼は歌っていた。

駅のホームで電車を待っていると大声で歌を歌いながらヘッドホンをしているひとりの若者がいた...