腸内環境チェックとオススメの青汁

✅腸内環境をチェックしませんか?

https://www.taisho-direct.jp/simages/m/contents/column/body/preparation/

花粉症、うつや不眠、貧血や不妊症、がんや糖尿病、動脈硬化・・・どんな病態でも腸内環境の改善が鍵を握ります。

分子栄養学的なアプローチで栄養療法を成功させるためには、腸内環境を整えることが欠かせないのです。

一般的にも、腸内環境が様々な病気リスクだけでなく太りやすさ・精神・老化のスピードにも関わっているということがわかってきた為、いわゆる「腸活」に関心が高まっていますね。

今回は、腸内環境を整えるために最初に意識していただきたい2つの点をまとめてみます。
その二つとは、プロバイオティクスとプレバイオティクス。
「菌を入れる」「菌を増やす」の二点です。

https://tenjin-hbc.jp/2019/04/29/probiotic/ 参照。


《青汁販売のお知らせ》
日本薬品開発株式会社バーリィグリーン。

こんな方におススメ!
野菜食の少ない方や野菜嫌いの方
肉類・油物をよく召し上がる方
外食が多く偏食しがちな方
健康維持を心がけておられる方
元気になりたい

ここからは、説明が長いですがよければご覧くださいませ。

大分県国東半島周辺で有機栽培により育てた大麦若葉(赤神力)が主原料です。
収穫したばかりの大麦若葉をギュッと搾って、エキス分を余すことなく取り出しています。
さらに、熱に弱い酵素等の有用成分を活かすため、活性保存製法により生のまま粉末化しました。
クセのない味は、お子様からご年配の方までおいしく召し上がっていただけます。

青汁の真実、それは搾られていること。

青汁という言葉は、辞書では「生の緑葉野菜をしぼった汁」と記されています。緑色野菜の豊富な栄養素を吸収するには青汁が一番。

その青汁の素材にしても搾られているか、そうでないかによって品質がまったく違った商品になってきます。

バーリィグリーンはこだわりの国産大麦若葉をギュッと搾った青汁を生のまま粉末化した健康補助食品です。大麦若葉そのものの緑色、搾りたてのフレッシュな味、そして生ならではの健康パワーをあなたの体で実感してみませんか?

麦緑素®は大麦若葉のパワーが生きています。

 食に対する不安が高まる昨今、自分の健康は自分で守るという意識から健康食品の市場は急速に伸びてきました。
 中でも大麦若葉を原料とした商品は数年前からメディアでも取り上げられ、今や注目度ナンバーワンの健康補助食品となりつつあります。
 
 この大麦若葉には、私たちの健康に欠かせないエネルギッシュな栄養素と、神秘的ともいえる成分が豊富に含まれていますが、製法の違いで商品の特長も大きく違ってくるのをご存知でしょうか。
 摘みたての大麦若葉をギュッと搾り、その青汁を活性のまま粉末化させたのが大麦若葉エキス 麦緑素で、私たち日本薬品開発が1969年より製造、販売している大麦若葉の青汁の元祖です。
青汁にすることによって(繊維質を取り除くこと)、大麦若葉の栄養素や有用成分がそのまま吸収されます。生きた大麦若葉のパワーを吸収できる。これが麦緑素の大きな特長です。

有機JASマークとは?
有機JASマーク
有機JAS規格に適合した農産物及び農産物加工食品に付与される認証マークです。農薬や化学肥料などの化学物質に頼らず、自然界の力で生産された食品を表しています。

栄養成分表示
2スティック※(6g)あたり
※粒タイプ:24粒
熱量 18.9~24.3kcal
たんぱく質 0.6~1.0g
脂質 0~0.2g
炭水化物 4.1~5.1g
食塩相当量 0.02~0.14g
カリウム 123~258mg
ビタミンK 30~96μg
総クロロフィル 12.6~29.4mg
SOD 9,000~20,400unit

長々と説明いたしましたが、『高タンパク.低糖質.メガビタミン』をしっかりしながら腸内環境も整えてくださいって伝えたかったんです。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキ!ありがとうございます😊
2
『体と脳の不調を回復させる』を発信してます『整体✖️健康✖️分子栄養学✖️ダイエット✖️コーチング』 きっかけは7歳から10年間の頭痛がありました。ですが整体でよくなり感動し整体を始めました。高タンパク.低糖質.栄養療法で『肉を食べると下痢をする、すぐ疲れる』から毎日運動ができた
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。