e発明塾通信販売トップ画

e発明塾通信 vol.578(2019年2月18日号)バイオ ファブリケーション の時代 ~ 細胞プリンティング研究者が興した「バイオ人工皮革」ベンチャーに何を見るか

無料登録で最新号が配信されます!是非ご登録をお願いします!

「「「 バイオ ファブリケーション の時代 ~ 細胞プリンティング研究者が興した「バイオ人工皮革」ベンチャーに何を見るか 「「「 


こんにちは、「発明塾」塾長の楠浦です。

今回も、過去に発明塾や本メール講義で取り上げたエッジ情報の続報、関連情報を取りあげます。


少し前に

「CAR-T細胞療法」

の話題を取り上げました。

私は、2004年に仲間と立ち上げたベンチャー企業において、細胞培養技術の開発とその invitro 薬物動態スクリーニング応用の事業化を企画し、自ら事業化を進めていたため、

「細胞培養」

関連産業の動向には、大変興味があり、定期的にエッジ情報探索をしています。

特に最近は、私が細胞培養技術に関わってからの14年の間に、技術・市場のいずれも、
つまり、産業全体として、裾野がずいぶん拡大してきたなぁ、という印象を持っています。


今回取り上げる以下のエッジ情報(エッジ企業)は、少し前に見つけたものです。

(Modern Meadow HP)
http://www.modernmeadow.com/our-technology/


ページ内、下から1/4ぐらいのところにある図が、彼らの

「見ている未来」

を端的に示しています。
(右にスクロールする必要があり、やや見づらいのが難点です・・・)


ひとことで言うと

「バイオ ファブリケーション の時代が来る(来た)」

それが、彼らのメッセージです。


HPには、発明塾で以前取り上げて議論した

「きのこ梱包材」

や、日本のベンチャー

「Spiber」

の技術も、取り上げられています。


(発明塾@京都 第9回開催報告)
https://edison-univ.blogspot.com/2010/10/9.html
きのこ梱包材に関する動画のリンクが、Blog内に貼ってあります


話を、Modern Meadow に戻します。

この続きをみるには

この続き:6,165文字

e発明塾通信 vol.578(2019年2月18日号)バイオ ファブリケーション の時代 ~ 細胞プリンティング研究者が興した「バイオ人工皮革」ベンチャーに何を見るか

e発明塾

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます😃
1
e発明塾では、特許や知財に関する情報や、弊社eラーニング講座の紹介をします。 またメルマガのバックナンバーやセミナー動画など、事業に役立つ情報の販売も行っています!! HP:https://e-hatsumeijuku.techno-producer.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。