新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

無利子や低金利でお金を借りる方法!

1.総合支援資金貸付
保証人を立てれば 無利子で月20万円まで

総合支援資金貸付は、失業等により日常生活全般に困難を抱えている方を対象として、必要な資金の貸付けと、社会福祉協議会やハローワーク等による継続的な相談支援をセットで行い、生活の立て直しや経済的自立を図ることを目的とした制度です。

詳細はこちら ⇒ https://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/safety_net/68.html


2.福祉資金出産や転居で50万円まで、病気やケガの治療で170万円まで

生活福祉資金貸付制度では、新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、貸付の対象世帯を低所得世帯以外に拡大し、休業や失業等により生活資金でお悩みの方々に向けた、緊急小口資金等の特例貸付を実施。

詳細はこちら ⇒ https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/seikatsu-fukushi-shikin1/index.html


3.母子(寡婦)福祉資金

20歳未満の児童を扶養している配偶者のない女子または男子、寡婦等に貸し付けられます。かなり様々な用途で給付されるのでお勧めです。

詳細はこちら ⇒ https://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/boshi/07/dl/09.pdf


4.仕事を見つけたい→職業訓練受講給付金
月10万円+通所手当(交通費)がもらえる

雇用保険を受給できない求職者の方がハローワークの支援指示により公的職業訓練を受講し、訓練期間中に訓練を受けやすくするための給付を受けることができます。

詳細はこちら ⇒ https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/safety_net/44.html


5.教育費がどうしても準備できない→教育支援資金
高校は月3.5万円以内、大学は月6.5万円以内で貸し付け

教育支援資金は、所得が少ない世帯に対して、高校や大学、あるいは専門学校などの進学や通学などに必要な資金を支援する制度です。原則として、修学する本人が資金の借受人になり、世帯の生計中心者が連帯借受人となって資金の貸付を行います。

詳細はこちら ⇒ http://kinkyukoguchi.towa.biz/kyouikusiensikin/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます^^感謝です!
4
本業はコンサルティングファームで経営コンサルとして勤務。副業でネットビジネスを実施しリストマーケティングで多数の生徒さんに月収200万円以上を稼がせる。動画200本超えのEharaメルマガノウハウ(メールの王道)を無料で公開中!http://www.kobango.bid/lp/