ActiveRecordコードリーディング会を始めます

Step-to-Rails-Expert.rbで、ActiveRecordコードリーディング会をやる予定です。ActiveRecordはRailsの中でも理解する難易度が高いので、習熟度を上げたいなという気持ちが強く、ActiveRecordをテーマに掲げました。ActiveRecordの理解度を上げる目的の会ですが、その題材としてActiveRecordのissueを利用します。あるissueを理解する過程で、また、人によってはコメントやパッチにより解決に導く過程でActiveRecordへの理解を深めていければと考えています。参加者の方にはペアプロで取り組んで頂く予定です。

ところで、コミュニティについて初めて知った方は以下をご覧下さい。

なぜissueを題材に使うのか

最初は共同主催者のtwo_sannがコードリーディング会をやりたいと言ったのがキッカケでした。どうやってそれをコミュニティの中で実現できるか考えていましたが、コードリーディング会を企画としてやる場合、ファシリテーターがある程度コードに対する理解を持っている必要があり、スタッフ含めこれから学んでいきたい人が集まる会ではどうしても運営の難易度が上がります。

そこで #StepRailsEx の35回の懇親会で相談したところ、何か題材があった方が進めやすく、題材としてissueを取り上げると良さそうと決まりました。

またこれをキッカケにして、OSSのコントリビュートに興味を持って頂いたり、後述するOSS Gateのサポーターとして活躍して頂いたり、色々な方面に輪を広げる方が出てきたらなお嬉しいという気持ちがあります。

必要なスキルについて

そもそも、運営含めActiveRecord理解したいという気持ちでやっているので、現時点での理解度やスキル感について、特に制限は設けるつもりはありません。

なのでActiveRecord分かりたい方や普段お世話になってるActiveRecordに何らかの形でコントリビュートしたい方であれば大歓迎です。進め方についてのアイデアやフィードバックを積極的にくださるとさらに嬉しいです。

しかし、テーマがActiveRecordに特化しており、大枠としてのOSSについての説明やOSSでissueやPRを出す手順などの説明は会として行う予定はないので、それらを期待する方はあまり楽しめない可能性があります。もちろん、流れの中でそういう話題になりみんなで話すということはあると思いますが、毎回時間を取り進行には組み込む予定はありません。もしそのようなテーマに興味がある方は、OSS Gateに出るとより楽しめると思いますので、ご自身の好みに応じて選んで頂けると幸いです。

https://oss-gate.github.io/




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。