粉骨砕身。塵も積もれば山となる。初の沢村賞を目指す楽天・則本を支える新たな投球術とは?

粉骨砕身。塵も積もれば山となる。初の沢村賞を目指す楽天・則本を支える新たな投球術とは?

eagleshibakawa

こんにちは。信州上田在住、故郷の英雄・真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドに見える、楽天ファンの鷲ブロガー、eagleshibakawaです。

楽天のエース、則本昂大投手が4年目の今シーズン、燃えています!

久米島キャンプ初日、監督室で正式にNPB史上初のルーキーイヤーからの4年連続開幕投手を梨田監督から託された背番号14は、11日の恒例朝の声出しで「今年は全てにおいてキャリアハイを目指します! そしてチームの優勝のために粉骨砕身、塵も積もれば山となるという言葉を胸に、日々の鍛錬に励みます!」と力強い宣言。エネルギーを漲らせ、一瞬の隙すらも自身に許さない満ち満ちた気概を感じさせてくれました。

去る2月28日オリックス戦では今季実戦初登板。1イニングをピシャリの三者凡退ピッチング。最速148kmから97kmのカーブまでを見せてくれました。

大谷翔平投手、金子千尋投手、自他共に認める西勇輝投手...ライバルは強敵ですが、初の沢村賞、3年連続の最多奪三振へ"機は熟した"という印象。新人年から4年連続タイトル奪取となれば、これもNPB史上で珍しいことではないでしょうか。

そんな則本投手の4年目挑戦を支えること間違いなしで、昨年後半戦から頻度は多くないものの"隠し味"として絶妙なスパイスを効かせている「新たな武器」があります。

その武器とは...

※※※ここから先は有料エリアでお楽しみ下さい。コボスタでタコ焼きでも買った気分でお読みください。あなたを新たな則本ワールドに誘います。なお、当メルマガ読者の皆さんには昨年10月5日配信Vol.107に掲載したコンテンツを一部加筆修正したものになりますので、御購入の必要はございません。

※3月2日現在、3名様に御購入頂きました。購入者が5名に達したところで、こちらの記事は200円➡300円に値上げさせていただきます。

この続きをみるには

この続き: 3,388文字 / 画像2枚

粉骨砕身。塵も積もれば山となる。初の沢村賞を目指す楽天・則本を支える新たな投球術とは?

eagleshibakawa

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
eagleshibakawa

読者の皆さんにいただいたサポートで、さらなる良い記事作りができるよう、心がけていきます。

記事更新の励みになります。
eagleshibakawa
信州上田在住。楽天イーグルスを定点観測する野球好き。『プロ野球オール写真選手名鑑2021』『2022』楽天ページの製作に参加。野村ID野球に影響され、1球単位で記録集計しながらお茶の間観戦。データから楽天の魅力を探る有料noteマガジンの運営。好きが高じて専門媒体へコラム寄稿。