続伸する堀内謙伍の亜州冬季奮闘録

NPBのジンクスを打破する可能性を秘めた新星登場!

こんにちは。信州上田在住の楽天ファン、@eagleshibakawaです。

ぼく、『左打ち捕手は大成しない』という説を支持しているんです。

NPBの長い歴史を紐解くと、球史に名を残す左打ち捕手、絶滅危惧種です。
たとえば「捕手500試合以上の出場」という条件で言えば、阿部慎之助(巨人)、森昌彦(巨人)、日高剛(オリックス~阪神)、吉永幸一郎(ダイエー~巨人)、この4人しかいません。

楽天でも銀次選手、岡島豪郎選手は捕手として入団しながらも、結局、レギュラー戦力化したのは、他のポジションにコンバートしてからでした。

そういう訳で、イーグルスの高卒2年目・左打ち捕手、堀内謙伍選手はどうなのかな?と思って見ているんですが、現在、台湾で開催されているアジアウインターリーグでの活躍劇を見ると、強い希望が湧いてくる思いがします。

アジアウインターリーグでの堀内選手の動静は前回11月30日の下記記事でお知らせしました。

そのため、本稿では12月1日以降の動静についてまとめてみたいと思います。

打者としても捕手としても、人間的にも一回り二回り成長している姿を見ることができているんです!

※ここから先は有料エリアでお楽しみください。
単品でも購入できますが、おすすめはこちらのマガジン!
来年3月14日までの連載です。
『Shibakawaの鷲応援マガジン17'-18'冬季版』

まぐまぐメルマガでもお届け中。ご登録はこちらから

この続きをみるには

この続き: 3,536文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

2017年12月~2018年3月14日までの3ヵ月半限定マガジン! オフだからこそ熱く語りたい楽天愛がある! イーグルスが真に優勝を狙...

または、記事単体で購入する

続伸する堀内謙伍の亜州冬季奮闘録

eagleshibakawa

150円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読者の皆さんにいただいたサポートで、さらなる良い記事作りができるよう、心がけていきます。

ありがとうございます。
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドに見える、信州上田在住、楽天応援の野球ブロガー。1球単位のプレーデータをはじめ、各種記録や指標等で楽天の魅力・特徴・課題・現在地を定点観測するブログを2009年から運営の傍ら、有料メルマガ、『週刊野球太郎』など野球専門媒体への寄稿歴も有。