見出し画像

家庭でも勉強する方法

このnoteは松陰神社駅前に開校して
Dreavenのものです。
「スキ」「フォロー」よろしくお願いします。

⭐︎4月体験授業受付中⭐︎
新小1から新高3まで!

保護者様から
「休み時間に先生と話すのが楽しいと言っています」
とメールをいただき、はっとしました。
学校がない分子どもたちは
友達だけでなく大人と接する機会も少なくなっているのですね。
やはり1日自分だけと向き合っているのでは
気が滅入ってしまうこともあるでしょう。
直接の接触は避けなければいけませんが
オンラインをうまく活用しながら
「人とのつながり」を大事にしていきたいですね!

Dreavenでは
・講師の体調管理
・手洗いうがい
・定期的な換気
・共有部分の消毒
・来塾者の手指の消毒
・生徒間の距離の確保
を徹底的に行い生徒さんをお迎えしています!

さて、学校がなく外出自粛ということで
生徒さんたちは家庭で勉強をしなければなりません。

「家で勉強できない」
そんなお悩みを聞くことが多いので
今日は家で勉強する時に変える必要がある
3つのことについてお話ししたいと思います。

①時間を変える
多いのは「勉強しようと思っていたのにいつのまにか時間が過ぎてしまった」
というパターンです。
これを防ぐためにまず時間を変える必要があります。
時間を変えるとは、勉強にあてる時間を
先に持ってくることを指します。
テレビを見たら勉強する、ではなく
○時から勉強をして
それを○時までに終えてからテレビを見る
という形に変えるのです。

②習慣を変える
家にいるとついスマホを触ってしまう
食事の時についついテレビをだらだら見てしまう
などが習慣化しているのであれば
習慣を変える必要があります。
これは少し大変ですが7日間継続できれば成功です。
・スマホを使う時間を決めて勉強中は手放す
・食事が終わったらすぐに片付ける
など普段無意識でやっていることを意識化するだけでも変化があります。

③環境を変える
自分の部屋だとスマホを見てしまう
リビングだと家族の話し声が気になってしまう
などがあれば思い切って場所を変えましょう。
本来であれば家の外で勉強することを推奨したいのですが
今はここが難しくなっています。

そこでDreavenでは
オンライン学習を取り入れることにしました!
家庭に居ながらも教室・講師と繋がることで
質の高い学習が安全に出来るようになりました。
もちろん普段Dreavenで受講しているコンテンツは
全て受講することができますし
困ったことがあれば講師が対応できます!

先の見えない今だからこそ
出来ないことを数えるのではなく
出来ることを考え
前向きに進んでいきたいですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございます!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

嬉しいです😆
5
Dreaven とは夢を表すDreamと湧き出る意欲を表すDrivenを組み合わせた造語。プロコーチの指導、快適な学習空間、最新のICT教材をそろえた当塾では、自己肯定感を育むためTeach(教える)ではなくCoach(育む)を重視。http://dreaven.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。