意外にも抑圧にも慣れてしまうということ。 不自由に慣れてしまうのも幸せを得る手段のひとつかもしれないこと(怖いことだけど)|2020年振り返り
見出し画像

意外にも抑圧にも慣れてしまうということ。 不自由に慣れてしまうのも幸せを得る手段のひとつかもしれないこと(怖いことだけど)|2020年振り返り

去年の発見,まなび

通常の生活のありがたさ
人に会うことの嬉しさ
空気が綺麗であることの気持ちよさ
物資が滞りなく流通することの重要性
イベントがないことの寂しさ
自分と向き合う時間を確保すること
無駄な仕事の効率化
自己投資の大切さの再認識
医師は自宅勤務が難しいこと
感情は論理的思考のパワーを遥かに凌駕すること
情報に惑わされずに論理的に思考し、自分で最適解を探すこと
目標を持てることの価値
今を大事にすること、先延ばしにしないこと
未来の予測には限界があること
未来に責任を持つこと
世界(社会)があっという間に変化すること
一年分歳を取ると身体も確実に一年分老いること
世の中の秩序が失われると社会貢献の機会が減ること
基本的人権としての自由の価値
意外にも抑圧にも慣れてしまうということ
不自由に慣れてしまうのも幸せを得る手段のひとつかもしれないこと(怖いことだけど)

生パスタとローストビーフの作り方


自己啓発になった年だなあ😊


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
形成外科医 金沢雄一郎

可能ならTwitter,Instagramも覗いてみて。 https://twitter.com/dr_kanaz https://www.instagram.com/dr_kanazawa/ いただいたサポートはJETSTREAMのペンの購入に使わせていただきます。

嬉しいです・:*+.\(( °ω° ))/.:+
眼瞼下垂手術を専門にする形成外科専門医、医学博士です。ミッションは「眼瞼下垂」を啓発し、まぶたのトラブルを解決してみんなを幸せにすること。 ウェブサイト「まぶたのお医者さん」を運営: https://manabuta.jp/