見出し画像

中村鶴治 剣道範士 鹿島神武殿理事長

青少年育成を終生の仕事として


剣道範士 中村鶴治先生は大正7年生まれの87歳。  
父・中村彦太氏から引き継いだ〝人間は磨かれてこそ光り輝き活きる〟との信念のもとに、剣道を通し、青少年育成にかけてきた半生を語っていただきました。

※所属や肩書きは、季刊『道』に取材当時(2005年)のものです。
 取材:編集部 2005年8月18日 東京中野修道館事務局にて

画像5

青少年育成の
情熱の原点は父・彦太

―― お父様の彦太先生は生まれてすぐ母親を亡くされ、祖父母に甘やかされて育ったため、のちに苦労をされた。そこから人間は厳しく育てなければいけないという考えに至り、それを剣道で実践されたということですが。

 父から聞いた話では、母親は産後の肥立ちが悪く亡くなってしまった。親の顔も見ずにかわいそうにと、おじいさん、おばあさんに甘やかされて、裕福な家でもあったから、わがままいっぱいに育った。そのために自分は一生を棒にふってしまったと言って、残念がっておりました。

 ですから子供は甘やかして育てたらだめだ、親がいないならしっかりした人にあずけて、厳しく育ててやれと日頃から言っておりました。
 父は戦争中に日比谷公会堂で演説会を開いて、当時の総理大臣、東条英機はこんな戦争を巻き起こし、国民を何十万人も戦死させてとんでもない国賊だと誹謗した。その結果逮捕されて、約一年、終戦まで刑務所に入れられていました。

 普通の人は腹で思っても言わないんです。父はそういうことを堂々と言う人でしてね。「どんなに迫害を受けても俺は言うべきこと、正しいことは言うんだ」と。わがままに育ったから我慢ができないんですね。

 未決監に入っていて労働をさせられないから、暇なので本を差し入れてもらおうとしたらだめだと。ただ六法全書は許されて、差し入れてもらった。始めからしまいまで丸暗記したそうです。たいへん法律に詳しくて、弁護士が太刀打ちできませんでしたよ。それぐらい頭は鋭かった。ただ、我慢というのができなかった。

 それを自分でわかっていまして、子供には厳しく教えるものは教え、諭すものは諭してやらなくちゃだめだと。道場でも寒稽古、暑中稽古などを特に厳しくやるようにしていました。

 掘り出したばかりのダイヤモンドは泥だらけの石ころに過ぎません。砂や土の中から出た砂鉄も、真黒な砂の一部にしか過ぎない。磨き上げてこそダイヤモンドとして光り輝くのであり、砂鉄も鍛えてこそ世界に誇る日本刀となるのです。子供も愛情豊かに厳しく鍛えてこそ、世界の宝物となり、二十一世紀の世界を背負って立つ立派な青年になるのです。

 私が全日本剣道道場連盟という全国で二千もの道場をたばねてやっていけるのも、父に厳しく育てられたお陰です。ありがたいことです。

道場とは「道を学ぶ場所」

――「鹿島神武殿」という道場をつくられたいきさつにつきまして。

 私は茨城県、鹿島神宮のとなりに三万坪の敷地を持っていました。
 住友金属の会長をしておられた日向方斎さんが、ここに学校を建てたいと、私に何度も言ってきたのです。あれは売り物ではないと言ったのですが、なんとか協力してくれと。聞けば学校を創るというので、「全校生徒に武道をやらせるという条件ならば協力しましょう」と言ったら、大賛成だと。それならばと、土地を寄付しました。

 そして、青少年の育成のために鹿島神武殿と清真学園という学校を創ったんです。これは茨城でも一、二を争う学校になっています。
 財団法人鹿島神武殿は、昭和48年に設立、以来、今日まで一貫して武道を通じて心身ともに健やかな青少年の育成に努力を続けております。
 清真学園と鹿島神武殿は同時に落成式をしました。28年前のことです。

画像2

画像3

鹿島神武殿
350畳の剣道場と、300畳の柔道場をもつ。
宿泊施設「錬心館」もあり、合宿などができるようになっている。
(隣接した清真学園の剣道部はここでも稽古を行なっている。)


―― 先生は、道場では子供の育成に力を入れておられますね。

 私どもの道場、東京修道館では、幼稚園に出張教授もしています。幼稚園の剣道は勝ったり負けたりじゃないんです。そんなものは二の次三の次で、剣道を通じて人の「道」を学ばせなければならない。つまり、親に孝行をつくす、兄弟仲良くする、お兄さんを尊敬する、弟妹をかわいがる――礼儀作法をはじめとして、そういうことを子供たちに教えます。

 いま、日本の国は「道」が滅びているんです。道がだめになっているから、子供同士で殺しあったり、子供が親を殺したり、親が子供を殺したり……困ったものですよ。昔には想像もつかないです。

 「道場」というのは「道を学ぶ場所」ですから、「道場」で子供が育っていけば立派な人間ができるんです。全国の指導者に話すのです。「剣道とは当てっこのスポーツじゃないぞ、そんなものは剣道ではなく棒振りダンスと言うんだ」と。「五段だ七段だと言ったって、それは剣道ではないぞ」とやかましく言います。反応はまちまちですが、しかし私はなんと思われても、正しいことを教え、立派な少年をつくり、立派な日本人をつくり、立派な日本の国をつくるためにやっているわけです。そのためには、まず子供たちを良くしていかなければなりませんからね。子供たちを良くするために、私たちも老骨にムチ打って、〝ガキ大将〟をやっているわけです。

画像4

本当の武道は
道であり心です

 三尺下がって師の影を踏まずという言葉があるとおり、昔は「先生」というのは影さえ踏めない、それくらい尊敬されたものです。
 また先生も命がけで生徒を思ったものですが、いまの先生はサラリーマンになってしまっている。だから子供は先生を尊敬しない、先生は子供を大事にしない。めちゃめちゃですね。学校もだめ、家庭もだめ、それならば道場だけでもしっかりしなくちゃいけないと。

―― 先生が受けた稽古といまを比較しますと。

 寒稽古でも、冷たい板の間で足がしびれるほど坐らされて、先生のお話を聞いたり、稽古を拝見したりしました。だから昔の子供は立派に正座ができましたよ。
 いまの先生たちは勝った負けたしか教えていない。上手にできたり一番になったら褒める。そうでない子にはちっとも目をかけない。それではその子はどんどん落ち込んで、ひとつも励みにならない。そうではなくて、負けた子が発奮して次に勝てるようにさせるようじゃなきゃいけない。

 いまのほとんどの武道は本末転倒しています。戦国時代なら腕が立てば日本一の武道家として活躍できるでしょうが、この大量殺戮兵器の時代に、相手を投げた倒した叩いたなんて、そんなことで自慢しているような幼稚な考えではだめです。本当の武道は道であり、心なんです。「心」がいちばん大事なんですよ。

 あと何年生きられるかわかりませんが、生きている間は日本の国を良くするために頑張ろうと思います。

―― ありがとうございました。

「合気道との縁」

 中村範士の父・中村彦太氏は、合気道開祖植芝盛平先生と兄弟のように親しかったという。満州建国と同時に現地に道場をつくって剣道を教えた彦太氏は、同じく満州に指導に来ていた盛平翁と意気投合し、以来、ともに明治16年生まれの同い年ということもあり、たいへん親しいつきあいが始まった。帰国してからも、彦太氏に連れられ何度も盛平翁が住む岩間へ行ったことを思い出すという。
「当時は道場というほどではなく、盛平先生は、ほっかむりをしてお百姓をやっておられてね。神がかったお話とか、祝詞とかは私にはさっぱりわかりませんでしたが、父とはよく話が合っていました。」
 現在の合気会の道場を若松町につくる時も彦太氏が尽力するなど、合気道とは親、子、孫、三代にわたっての深いつながりがある。現在中村氏は合気会の役員をつとめ、現合気道道主・植芝守央氏も鹿島神武殿の役員をつとめている。
「合気道は試合がないから勝ち負けがない。盛平先生はうまいこと考えたなと思います。勝ち負けがないから、熟練をして、体を鍛えて修養することだけに重点を置けるのです。これがうまくいっているんだなと、同志のひとりとして喜んでおります。」

画像1

修道館初代館長
中村彦太氏

―― 季刊『道』 №147(2006冬号)より ――

〈プロフィール〉

中村鶴治 なかむら つるじ
大正7年生まれ。剣道範士。
昭和32年に父・彦太の跡を継ぎ、東京修道館で40年の長きにわたり少年指導を務める。
昭和37年(財)全日本剣道道場連盟創立にかかわり、以来副会長として連盟の運営に携わる。
昭和48年(財)鹿島神武殿を設立。
現在、修道館名誉館長、(財)鹿島神武殿理事長、(財)全日本剣道道場連盟副会長、東京都剣道道場連盟会長、東京都中野区剣道連盟会長を務める。平成15年、全剣連より剣道功労賞を受賞。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
他の記事も見てみてください!
3
「行動している人」の原動力を探り、エネルギーを伝えるインタビューを中心に発信。 季刊『道』とその前身、武道・合気道研究誌 季刊『合気ニュース』からお届けします。 記事一覧 → http://www.dou-shuppan.com/interview/