どっとゼブラ
知識ゼロの人でも1年で細胞診試験に合格する方法① ~一次試験 編~
見出し画像

知識ゼロの人でも1年で細胞診試験に合格する方法① ~一次試験 編~

どっとゼブラ

はじめに

初めまして。
臨床検査技師、細胞検査士の養成をしているどっとゼブラです!

いつもはSNSや無料のブログで発信していますが、ここでは有料にしました。

ここでの情報を必要とする多くの方は社会人ではないかと考えています。
何故かというと学生はこれらの情報を既に手に入れているからです。

社会人の人は圧倒的に情報が少ない。
試験は情報戦なのに情報が手に入らないのはヤバい。
全ては無理ですが、そこを少しでも解決したいと思ってます。

そして社会人が勉強する時の最も大敵なのは

「モチベーションの維持」

だと思います。

「明日は勉強しよう」
次の日
「今日は疲れたから明日こそ勉強しよう」
次の日
「明日こそ・・・」
次の日
「明日こそ・・・」

きっとこうして時間が無くなり、直前になって

「どうしたらいいんだあぁぁぁぁ!!!!」

と嘆いたことがあるでしょう。

僕はあります。

この原因は「マイナス感情の無さ」から生まれることが多いと思います。

やってもいいし、やらなくてもいい。
どっちでも今は困らない(あとで困るけど)。

こうして先送りにしてしまう。
それを解決するにはマイナス感情が重要!

かくいう僕もマイナス感情によって英語の勉強をしています。
じゃあ何をマイナス感情にするか、それは

「金」

です。

多少でもお金を払うことによって、

「払ったんだからやらなきゃ」
「元取らなきゃ」

というマイナス感情が自分を前に進ませてくれます。

僕自身もその手法を使って英語の勉強をしています。
最初はYoutubeやネットの無料のものを使って英語の勉強をしていました。が、まあ続かない。

そこで月6000円払って今はやっていますが、そうすると1年続きました。
もちろんやっていない日もあるけど、妙な焦燥感があります。

「え?今月の6000円無駄にしてない?」と。

運動とかも同じでしょう。
毎日一人でランニングするよりもジムにお金を払う方が続く可能性が高くなると思います。

ということで

「みんなの調べる時間を僕が買う」
そしてそれに合わせて

「マイナスモチベーションでみんなを動かす」
これを目標にしてやっていきたいと思います!

もちろん質問などは無料で受け付けてるので連絡ください。
いつか有料になるかもしれないけど、今は無料でやってます。

みんな色んな事情で細胞診を取ることになったと思うけど、今からやれば絶対に間に合う!
これを見て少しでも重い腰が上がったなら今すぐ一緒に勉強しましょう!

一緒に頑張っていこう!

ここからが本題ですが、
やる気のある人だけ、本気で受かりたい人だけ買ってください。
僕は本気であなたを受からせたいと思ってます。
一緒に頑張ろう!

今回は「知識ゼロの人でも1年で細胞診試験に合格する方法① ~一次試験 編~」ということで

  • 試験ってどんな試験なのか

  • 試験に出る疾患(まとめました)

  • おすすめの参考書と勉強法

  • 社会人受験者の受験戦略

この辺についてのお話をしていきたいと思います。

では早速本編へ!

一次試験の種類


一次試験は以下の2種類があります。

①筆記 120問
②細胞像 60問

この2つが100点満点に換算され、基本的には70点を超えたら合格とされています。
一次試験合格、二次試験不合格の場合、次の年は一次試験が免除されます。
まずは一次試験通過を考えていきましょう!

①筆記試験について

筆記試験は
1.総論
2.技術
3.体腔液・その他
4.呼吸器
5.消化器
6.婦人科
の6科目が設定されており、それぞれの科目は20問ずつあります。
それぞれの科目が100点に換算され、50点を切る(つまり正解数10問未満)と、全体は合格点でも不合格になります。
なので、全科目最低でも半分は取れる知識を付けなければいけません。

「でも一体何からやればいいのか・・・・」
という人も多いと思います。
特に社会人受験者は職場で聞ける状況じゃない人も少なくないと思います。
ここからは何をやっていけばいいのかを書いていきます。
まずはスタートラインに立とう!

まずやるべきは過去問を手に入れること。
最低でも5年分の過去問に目を通していきます。
6年分の過去問PDFのリンクを下に貼っているので、そこから入手してください。

2021年度54回細胞診試験のダウンロードはこちら

2020年度53回細胞診試験のダウンロードはこちら

2019年度52回細胞診試験のダウンロードはこちら

2018年度51回細胞診試験のダウンロードはこちら

2017年度50回細胞診試験のダウンロードはこちら

2016年度49回細胞診試験のダウンロードはこちら

参考書について

まず勉強のメインで使う参考書が必要です。
残念ながら現在「これだけ買えばOK!」という試験に特化した参考書は存在しません。
現在私が作製中ですが、一人で作っているためまだ完成していません。

現状で使える参考書に関しては下のブログで紹介していますので予算の範囲内で検討してみてください。

画像1

細胞診 試験受験者におすすめの教科書・参考書まとめ

試験に出る疾患まとめ

試験はまず全体像を把握することが重要です。
この試験に出る疾患を把握することが後で紹介する勉強法に繋がります。
筆記試験の6科目でどういうものが出るのか1科目ずつ見ていきましょう。

この続きをみるには

この続き: 7,495文字 / 画像4枚

知識ゼロの人でも1年で細胞診試験に合格する方法① ~一次試験 編~

どっとゼブラ

3,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
わたしもスキです!
どっとゼブラ
ここnoteでは細胞検査士を目指す人を応援する記事を書いていきます。 この他Instagram、Twitter、ブログなどSNSをやっているので、質問があればぜひDMでもなんでもください!