見出し画像

国内追加投資|トレンドExpress

本日2019年10月29日付けにて、株式会社トレンドExpressより配信されましたプレスリリースのとおり、弊社DNX Ventures(旧Draper Nexus)は株式会社トレンドExpressのシリーズBラウンドにて追加投資を実行することをご報告致します。日本郵政キャピタルをリードに、DNXもフォローオン出資することとなりました。
>> プレスリリース

画像3

トレンドExpressって?

トレンドExpressは、中国を中心とする消費者ビッグデータをベースにクロスボーダーマーケティング及び越境EC事業を行うスタートアップ。2015年11月の創業以来、中国のSNSなどのクチコミビッグデータから抽出した消費者インサイト(潜在ニーズ)に基づく分析サービスやプロモーションサービスを提供し、日本企業約300社の中国進出や中国でのマーケティング活動を支援してきました。

スクリーンショット 2019-10-23 15.05.53

ソーシャルビッグデータ(クチコミ)から分析した消費者インサイト(潜在ニーズ)に基づいたプロモーションや越境EC支援事業、Webメディア運営を実施。クチコミ分析まで行うことで、一過性にとどまらない、筋道立った、マーケティングのPDCAサイクルの運用を実現しています。

また2018年から、日本商品の“爆買いブーム”の火付け役と言われる日本在住中国人ソーシャルバイヤーをプラットフォーム化した越境ECサービス「越境EC X(クロス)」を立ち上げ、成長著しい約1兆6千億円の日本-中国間の越境EC市場に参入。さらに、今年7月からは中国内陸部の小売企業と事業提携してOMO(Online merged offline)市場へ参入し、日本企業の中国事業支援のリーディングカンパニーとして、事業展開の幅を拡張しています。

スクリーンショット 2019-10-24 18.26.36


調達資金の活用シナリオ

今回同社が調達した資金は、消費者ビッグデータをベースとした新規プロダクトの開発や人員強化、越境EC事業の加速、M&Aなど、より一層の事業成長につなげる活用する予定。近年急成長しているインバウンド消費市場や越境EC市場を日本企業が有効に取り込むこと、さらには直接海外に販路を拡大するサポートを強化していきます。

弊社倉林コメント

トレンドExpress社の強みであるビッグデータ分析技術を核とした中国市場向けマーケティングサービス事業は、Series A投資を実行した2年前から急拡大を続けています。今回のSeries Bで調達した資金を活用し、既存事業の更なる成長と、新規サービスのリリースを実現し、業界のリーダーとしての地位を確固たるものにして頂きたいと思います。

メディア掲載

本日あわせて公開されたTechCrunch Japanの記事では、トレンドEXPRESSに他社にないどんな強みがあるのかといったことについて代表濱野氏のコメントを含めて紹介いただいている他、、C-NETでもいち早く代表濱野氏のコメントを含めて資金調達ニュースをご紹介していただきます。ぜひあわせてご覧ください。
>> TechCrunch Japan「データ分析軸に日本企業の中国マーケティングをワンストップで支援するトレンドExpressが7億円を調達」
>> C-NET「中国越境ECの「トレンドExpress」、日本郵政などから7億円の資金調達」


国際機関OECD(経済協力開発機構)の発表するデータによれば、今後の世界に占める中間所得層の消費シェアは欧米からアジアにシフトしていき、中国やインドを中心とした“アジアの時代”に突入すると言います。中国の消費者ビッグデータを有効活用して日本企業の中国事業展開をサポートするトレンドExpressは、次に高成長が見込める他のアジア諸国を見ています。
隣国でありながら、世界で最も人口の多い巨大国である中国の消費を取り込めている日本企業は、未だ多くありません。中国、そしてアジア諸国進出のサポート事業で、さらなる躍進を続けるトレンドExpressにぜひご期待ください。


(文・上野なつみ)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
❤️
3
DNXは、2011年よりシリコンバレーと東京に拠点を構え、日米市場を中心にB2Bスタートアップへの投資を行っているベンチャーキャピタルファンドです。 | https://dnx.vc/jp | https://www.facebook.com/dnxventures/