見出し画像

エナジーワーク始めました

2020年10月からエナジーワークを本格的に学び始めた。
3か月やってみての感覚や体験を振り返ってみたくなったので、このタイミングで文章にしてみたい。

ちなみにエナジーワークに興味のある方は、ちょっと長いがこの動画を見るのがおすすめ。誤解されがちなエナジーワークとか、サイキックとか、リーディングへの理解が深まるはずだ。

エナジーワークってなに?

僕が参加しているのは上記動画でも紹介されている「アメリカで開発されたサイキック教育メソッド(BPI)をベースに日本人向けにアレンジした2年間のプログラム」で、毎週日曜日2.5時間のクラスと、自習として同じく2.5時間のリーディング(透視)の練習会で構成されている。

ここでいうサイキックとはいわゆる超能力を意味するのではなく、目には見えない感覚や力、というぐらいの意味あいだ。

リーディングの練習会は最低週1~最高で週3参加しているので、
総合計で毎週5時間~11時間取り組んでいることになる。

プログラムでやっていることは大きく以下の2つだ。

エナジーワーク:自分や自分の周りのスペースのクリアリングとセットアップ。主にエネルギー領域を扱う瞑想を通して行う
リーディング:魂の成長度合いや、過去生、オーラを透視する

エナジーワーク、リーディング共にやり方(ツール)があり、クラスでは、そのツールを習って、実際にやってみるプロセスを繰り返す。

ツール自体はシンプルだが、やっていけばいくほど、体験が深まっていくので、飽きることは全くない。
これまでも、そしてこれからも淡々とツールを使ってエナジーワークとリーディングをやっていくことになるだろう。

さて、このプログラムにはいくつか前提となる原理がある。
それを理解すると、ここから先も読みやすくなると思うので紹介してみたい。

原理①:私たちを含む世の中の全てのものはエネルギーで構成されている
原理②:私たちは意識的にそのエネルギーの波動を変えていくことが可能

→よって、波動を変えていく方法を身に着けることで、
心身を癒したり、自分を変えていくために働きかけたりすることができる

3か月エナジーワークを続けて感じていること

さて、本題に入りたい。スタートして3か月経って、
自分の感覚もスタート前と比べると変化を感じている。
ここでは中間報告として、3か月時点での体感を2点ほど言葉にしてみたい。

①自分と他人を良い意味で区別する感覚が高まっている

クラスの中で口酸っぱく言われるのは、
「自分の中にある他人のエネルギーを取り除くこと」
「他人の中に自分のエネルギーを入れない・残さないこと」
(この概念はクラスの中で「セパレーション」と呼ばれている)

の2点だ。

最初は「そんなこと言われなくてもエネルギーは残していないよ」と思っていたが、どうやら普段何気なく生きていると、かなり他人のエネルギーを入れてしまっているし、エネルギーを残してしまっていることがわかってきた。

なぜ「セパレーション」がそんなに大事なのかというと、エナジーワークの目的の一つである「魂の成長」は「自分の波動・エネルギー」を通じてのみしか成されないという原理がエナジーワークにはあるからだ。

自分を自分のエネルギーで満たしておくことが、自分の魂の成長のために大切であるのはもちろんのこと、他人に自分のエネルギーを残さないのも、他人の成長を阻害しないといった点で重要だからだ。

さて、ワークを通じてこの区別を作っていくと、
「自分のことは自分のこと」「他人のことは他人のこと」と感じられるようになってきている。

もう少し具体的に表現してみると、SNSやニュース、周りの人からいろいろなメッセ―ジが飛び込んできて、思考や感情が揺さぶられるが、その思考や感情が自分が元になっているものなのか、それとも相手が元になっているものなのかがわかるような感覚だ。

自分のものは自分のものとして扱えばいいし、相手からのものはただ流せばいい。

実は、クラスの中では自分のものでもどんどんエネルギーを流すべしと習う。
基本的に自分を反応させるような感覚には反応的に対応せずに、どんどん流す」のがエナジーワークの基本原則の一つだからだ。

さらに「すべて流したとしても、自分に必要なものは戻ってくる」という原則もある。
ただ、このあたりは実はまだ自分でも試行錯誤しているところで、エネルギーの統合・昇華という意味では、ちゃんと扱った方が良いものもあるような気がしている。

いずれにせよ、この姿勢が身につくことで、気分が落ち込んだり、うじうじと停滞する時間がかなり少なくなった。
また、相手の振る舞いに影響されることもかなり減った。

②スピリチュアルなものと、似て非なるものを区別する感覚(センス)が高まっている

リーディングをする中で感じていることなのだが、一見同じようなスピリチュアル的なアプローチでも、いわゆる自我(エゴ)から来るものと、本当にスピリチュアルなものがあり、それを区別するセンスが高まってきているように感じている。

例えば、一見スピリチュアルな領域のリーディングやヒーリングも、自分がメッセージを受け取ったり目にしたときに、あまりピンとこなかったり、どこか操作的に感じるものは媒介者の自我(エゴ)のエネルギーがかなり入り込んでいると感じる。

この「ピンとこない感覚」「どこか操作的に感じる」は直感的なもので、瞑想を重ねれば重ねるほど、その感覚も磨かれている。

語弊を恐れずに表現してしまうと、世の中のスピリチュアルと言われるものの多く(90%以上)は、媒介者の自我(エゴ)が混じりこんでいる、というのが現時点の感覚だ。

これは手法自体が良い・悪いというものでもなく、媒介者の意識純度が大きく作用すると思っている(もちろん手法自体の純度はあるだろうが、媒介者の意識純度が高ければ、手法のパワーを超える力を引き出すことはできると思う)。

僕が今習っている手法がベストというつもりもなく、それは媒介者であり使い手の僕自身の純度が問われているといっても過言ではない。

だからこそ、瞑想や各種ワークを通じて、自分の自我(エゴ)を扱っていくことがカギになる。
ただ、このプロセスは一朝一夕にできるものではなく(無理やり進めるとエゴから反撃があるので)、地道に積み重ねていくことが一見遠回りのように見るが、最終的には最も効果的だろう。

この記事では「体感」や「感覚」という言葉を多用しているが、これにも理由がある。
実はエナジーワークのクラスでは、理論的な説明はほとんどない。

実際にツールを使っていく中での気づきをシェアしたり、あとは自分がどのぐらいツールを使えているかをリーディングしてもらい、そこからの気づきから学んでいく。

だから、体験から学ぶしかないし、その学びは気づきというの名の体感や感覚、時には直感から得るほかない。
この学び方はある意味新鮮だが、目に見えないエネルギー領域を学ぶには逆に理に叶っているように思う。
目に見えないものを扱うには、そのまま目に見えないレベルで扱う方が情報の棄損が無いからだ。
しかし、安易に体験や感覚に頼るだけでも、前述の「似て非なるもの」に堕ちてしまう罠に引っ掛かりやすくなる。

まさにこのあたりのバランス感覚が今の僕の課題(チャレンジ)であり、また何かを掴めたタイミングで言葉にしてみたい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
組織・人事コンサルティングやスタートアップの経営に携わりながら「Humanization」をテーマに活動しています。人や組織の変容や、それらを司る意識進化の探求・自己変容のプロセスを綴っています。最近は「生かされる生き方」にエネルギーが向いています。