見出し画像

アイドルマーケティングも様変わり!テレハイタッチ会など続々とデジタル移行中!

今、3密制限の影響を受けている業種業態は色々あるかと思います。

芸能系タレント・アイドル系といったファンありきのエンタメ商売も然りです。

特にCDなどを握手やチェキ、ハイタッチなどの特典とともに売っていた、いわゆる「会いに行ける」グループなら尚更ダイレクトに影響を受けていることでしょう。

各グループ、最初は様子見の「イベント延期」でしのいでいた感じに見えました。

しかし、自粛期間が長引いてきた現状、ずっと延期では収入が得られないため、デジタル化に舵を取ることにしたグループが見受けられるようになってきました。

その一つに、EXILEグループ傘下で小学生・幼稚園世代の女の子たちに人気のGirls2というグループがあります。

画像1

いつもなら、新譜販売時は日本各地を回ってミニライブ&購入者限定のハイタッチ会を開き、CD販売する戦略をとっていた彼女たちですが、今度の新譜ではそれができません。

そこで考え出されたのが、まさかのテレハイタッチ会とのこと。

スマホ越しにメンバーとファンがハイタッチするんだそうな。

ファンでないと、それって楽しいの?って思ってしまうようなイベントなんですが、わずか20秒でもお目当てのメンバーと電話越しでも話せるのはファンにとって嬉しいのかも?!

それでCDが売れているようですから、需要はあるようです。

具体的にはiPhone AppleのFaceTimeかLINEのビデオ電話機能を使うとのことです。

この二つは公式には録画できないので、内容を勝手にSNSなどにアップされるなどのリスクは低め。

zoomなど、パソコンを使ったテレビ電話だと録画リスクが高いのと、今時スマホはみんな持っているでしょうということから、妥当な手段選択かなと思います。

今は、Showroomや17ライブといった配信アプリで稼いでいる若者が増えていますし、「会いに行ける」から「デジタルで会える」時代の到来ですね。

個人的にはリアル同士の接触こそ人間味を感じてしまうんですが、リスクが怖い時代においてはこれが正しいのかも?!

まだ運営会社も試行錯誤だと思いますが、この動き広がっていきそうな感じです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

この度は私のnoteをご覧いただきありがとうございます。 もしもサポート頂ける場合は、お礼にデジタルマーケティングに関するお悩みにお答えいたします! 追ってお礼メッセージとともにご連絡させていただきます。

スキありがとうございます、嬉しいです😊
1
学校長ですが、自身は浅く広く、デジタルマーケティングにおける総合診療医のようなポジションを志しています。各領域の専門性は低いですが、総合的に見れるという点から、概念的な話をしたいと思います。https://digital-marketing.university/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。