2019年、パブリッシャーの「合併」は相次ぐのか?
見出し画像

2019年、パブリッシャーの「合併」は相次ぐのか?

DIGIDAY [日本版]

2019年のパブリッシャーが合併によって救われるとは、誰も思っていない。

それでも、合併の波が押し寄せつつある。デジタルメディア大手は、自分たちを伝統ある大手企業にとって、より魅力的な買収対象にしたいと考えている。プリントメディアを手がけるレガシーパブリッシャーは、さらにコストを減らす方法を探し求めている。誰もが、自分たちにとって不利なように思える広告市場からの脱却を図っているのだ。

この続きをみるには

この続き: 2,931文字

2019年、パブリッシャーの「合併」は相次ぐのか?

DIGIDAY [日本版]

480円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
DIGIDAY [日本版]

DIGIDAY[日本版]はデジタルマーケティング戦略に特化した、エグゼクティブのためのバーティカルメディアです。 会員限定コンテンツでは独自の情報網を生かしたWhitePaperや限定イベントも実施しております。

デジタルマーケティングはお任せください!
DIGIDAY [日本版]
DIGIDAY[日本版]はブランド企業のデジタルマーケティング戦略情報に特化した、アメリカのブログメディア「DIGIDAY」の日本版。 会員限定コンテンツはDIGIDAY+にて配信中 https://digiday.jp/digidayplus/