見出し画像

西陣織×プペル 西陣織×New York

西陣織とプーヤ健さんの作品の素晴らしさを伝えたいというpolcaを立ち上げました。

https://polca.jp/projects/TM0W7zHt4Aj

明石に住むプーヤ健クリストファーさん
https://www.instagram.com/ken.puyat
https://mobile.twitter.com/kencppp

彼の作品に一目ぼれで人生で初めて絵を買い、複製するのにちょうどよかったので西陣織にしてもらいました。

ある程度の絵なら自分でも描ける自信があるのでなかなか絵を買うなんてことは今までありませんでしたが、この絵は自分のために描かれた絵だと思ってしまったんです。大好きなニューヨーク、船、色味。これは他の人の手にわたってしまったら絶対に後悔するのがわかったので、どうにか交渉してその場であるだけの手付金を払い、その日のうちに手渡してくれました。よくよく考えるとまだ会って2回目ぐらいの私をよく信用してくれましたね。感謝しかありません。
その後分割でお支払いしました。でも、私の家にあっても誰も見に来てくれないのよね。それは絵がかわいそうだと思って、健さんの作品と出会った場所、今度お坊さんとイベントする神戸のカフェ クロトにしばらく飾っていました。今別の展示をしているので、それが終わったらまた飾ってもらう予定です。

この絵との出会いがあとあと大仏にも関係してくるので、やはりご縁だったんでしょうね。絵は糸に会うという字を書きます。詳しくは大仏2.0のVALUを見ていただきたいのですが、西陣織はもちろんですがたくさんの糸を使います。この絵と西陣織の相性がものすごくいいのです。機会があれば実際の作品を見ていただきたいですね。気が向いた時は持ち歩いています。
8月24日はキングコング西野さんの神戸の交流会に持っていくと思います。前回西陣織の方だけ西野さんに見てもらって西陣織でプペル展をしたいとプレゼンさせてもらったところ、絶対やったほうがいいよと言われたので、今回のpolcaはその一環です。プペルの全ページを西陣織でするとなるとおそらく約1千万はかかります。なのでpolcaだと全然足りませんが交渉のためにどれぐらい注目されるかというのが大きなポイントになりそうです。集まった金額によってページ数と大きさを決めたりすると思います。
あと、西陣織プペルはお気に入りのページを作品として購入もできるようにする予定です。

光る絵本展ももちろん素晴らしいですが、日本の伝統文化とプペルの世界観の融合、めちゃめちゃよくないですか?!
西陣織のプペル絵本展を海外で開催して日本の伝統文化をアピールするって最高だろうなーと漠然と思っているので是非共犯者になってください(*'▽'*)
https://polca.jp/projects/TM0W7zHt4Aj

#キングコング西野
#プペル展
#キンコン西野
#西野亮廣
#ニシノアキヒロ

#polca
#polcaおじさん
#polcaおばさん

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
現在の大仏は1.0 価値観を2.0にアップデート/ 似顔絵・漫画・イラスト描く/勝手に献血大使/非公式「大仏ファンクラブ」主宰/天才系/多動系/独母/1日平均3回は天才と言われる人/絶対音感/相対音感でピアノ弾く/X(JAPAN付く前)のYoshikiの影響
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。