まっさん
YouTubeでのチャンネル登録時期を調べられるサイトを作りました
見出し画像

YouTubeでのチャンネル登録時期を調べられるサイトを作りました

まっさん

知りたくないですか?いつから推してるか。
私はすごく知りたい人間です。なので作りました。調べられるサイト。

Chronotube”というサイトなので、説明とかいらないよって方はぜひ記事を離れてお使いください。

2022.7.6 Google データエクスポートの仕様変更により、長らくチャンネル登録日が確認できなくなっておりましたが、対応作業が完了し、再びチャンネル登録日表示がご利用いただけるようになりました!ぜひ、ご利用ください!

2022.8.7 2022.7.6の仕様変更にあわせて、記事の内容を更新しました。

作った経緯①

サムネイル画像からもおわかりいただける通り私はいわゆる“Vtuber”のオタクなのですが、キズナアイとかにじさんじとか、Vtuber文化が盛り上がり始めたばかりのころには、何かしらの嫌悪感(?)を抱いていました。
しかし気が付くと、Vtuber以外の動画をほとんど見ないほどになっていました。
そこで気になるのは「どんなきっかけで沼に足を踏み入れたか」ということです。

作った経緯②

しかしいざ「チャンネル登録 時期 調べ方」ググってみても、不親切な知○袋のQ&Aしか出てきません。

というわけで、自ら開発することが決まりました。

使い方

Google データエクスポートにアクセスして、YouTubeの項目のみを選択します。YouTubeをブランドアカウントで視聴している場合は、アカウントの切り替えを忘れずに行ってください。

履歴の形式を「JSON」に、エクスポートするデータを「履歴」のみにします。

ページ下部のボタンから次のステップに進みます。

スクリーンショット (651)

そのままの設定でエクスポートを作成します。

スクリーンショット (652)

数分でエクスポートがダウンロードできるようになるので、ダウンロードして解凍しておきます。

Chronotubeを開いて、Googleアカウントでログインします。

ログインに成功すると、ログインボタンに登録チャンネル数が表示されるので、次は解凍しておいた「watch-history.json」をアップロードします。

再生履歴が読み込まれたら、「分析」をクリックします。
端末のスペックや、登録チャンネル数などによって差はありますが、10秒程度で結果が表示されます。

スクリーンショット (655)

リスト上部の項目名から「登録日順」と「再生数順」に並べ替えられます。
それぞれのチャンネルの詳細は、チャンネル名をクリックすると表示されます。

スクリーンショット (656)

動画での解説

※動画での解説は旧バージョン向けのものとなります。

感想

にしても案外「チャンネル登録するだいぶ前に、実は動画見てた」みたいなことが結構あります。
見つけた中だと緑仙とかが特に顕著で、チャンネル登録する1年くらい前には初めて動画を再生してます。

スクリーンショット (840)

そのほかに見つけたパターンだと「最近APEX実況で知ったと思ってた人を、実は5年前くらいのマイクラ実況時代にチャンネル登録してた」とかがありました。

裏話

作る経緯になった「Vtuber沼どこから踏み入れた問題」は解決したのでしょうか?

結論から言うと、“この方法では”解決しませんでした。

というのも、ひとつ上のスクショを見てもらえればわかる通り、ある時期以前の再生履歴のデータが欠落しています。
理由は不明ですが、どこかで間違えて削除してしまったのでしょうか。
ともかく、2018年12月16日以前はチャンネル登録のデータしか表示することが出来ていません。
チャンネル登録の日付だけを見れば、花譜から入って、その後KMNZ、YACA IN DA HOUSEと続いています。

しかし、記憶ではそんなはずはありません。

複数の音楽系Vに触れて数か月で花譜を知ったはずです。

そこで、Googleからエクスポートできるファイルをいろいろと見ていたところ、再生リストのデータファイルにKMNZのサマージャム '95のカバー(https://www.youtube.com/watch?v=VFkUSaO8cqQ)を発見しました。

画像10

なんと日付は2018月9月2日!
おそらくデータとして残っている分では、これが最古のVtuberに関するデータです。

ちなみにひとつ上は1時間ほど空いていますが、SHACHIのTurn Up The Music (https://www.youtube.com/watch?v=w_aSA81ej9A)です。

つまり「SHACHI→なんやかんや→KMNZ」がおそらく私のVtuberとの出会いです!

というわけで私の中にあった問いの答えが見つかったので一件落着です。

この記事が誰かのYouTubeライフの助けになれば幸いです。

そろそろみなさん今回作ったサイトのことを忘れてそうなので、改めて。
Chronotube”というサイトです。もしよかったら試してみてください。ついでにシェアもしてもらえると嬉しいです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!