新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

保護猫マルオレちゃんと藤あや子さんの本ができました!

マルオレちゃん」とは、マルとオレオという双子の猫の通称で、歌手の藤あや子さんの飼い猫です。藤さんが毎日のようにアップするtwitterInstagramブログでその魅力的な人柄(猫柄?)を遺憾なく発揮。2匹の可愛らしさと、藤さんの愛情溢れる写真やコメントの虜になる人が続出しています。
そんなマルオレちゃんのファースト写真集『マルとオレオと藤あや子』が、12月16日に発売されました。
ここでは、この本の編集担当とPR担当の3人が、本ができるまでを振り返ってワイワイおしゃべり。その様子をご紹介します。

編集担当M(以下M):マルオレちゃんのことはIさんが、以前から藤さんのSNSで注目していたんですよね?
PR担当I(以下I):そうなんです。私も猫が大好きで飼っているんですが、藤さんのTwitterでマルオレちゃんを見たら、もう可愛くって目が離せなくなっちゃって。藤さんの撮る写真や動画から愛情がものすごく伝わるし、一緒に載せているコメントも上手くて、思わず「座布団一枚!」って言いたくなっちゃうほど(笑)。
編集担当H(以下H):私もIさんに聞いてTwitterを見てみたら、本当にマルオレちゃんたちが可愛いくてびっくり。実は今まで、あまり猫に興味はなかったんだけれど、見れば見るほど可愛くて、今ではほら、スマホの待ち受けをマルオレちゃんにしているのよ。

IMG-0755修

M:んー、やっぱり可愛い! 私は実はどちらかというと犬派だったんですが、マルオレちゃんたちを見ているうちに、こんなに可愛い猫もいるんだ!と。気づいたら藤さんのSNSを全部フォローしていました。それに、藤さんの的を得たコメントがまた秀逸で、思わずぷぷっと笑っちゃう。
H:そうなのよー。藤さんがマルオレちゃんのことを「絶対自分は人間だと思ってるよね」と話していて、まさにそうだと思って。今回、本の構成を考える上でも、マルとオレオの人間らしさみたいな部分から切り取ってみたらどうかなと思って、ご提案してみました。

目次

赤玉死守


I:そうそう、編集担当のお二人は、この本を作るにあたって、まず藤さんとお打合せしたんですよね。どんなお話が聞けたんですか?
M:私たち、藤さんにお会いするのはもちろん初めてだったので、お会いするまではちょっと緊張していました。でも、お会いした途端に、その場の空気が本当にぱっと明るくなって、最初からとても和やかな雰囲気で打ち合わせが始まったんです。
H:もう最初から「どうもー、マルとオレオの広報担当です」という感じでいらっしゃったので、場が一瞬で和みました。私たちもすっかりリラックスして、すぐにマルオレちゃんの話になって。
I:さすが藤さん、素敵な方なんですね。SNSに載せていないマルオレちゃんのエピソードとかも聞けたんですか?
H:それはもう、たくさん。藤さんのお話を伺うにつれ、マルオレちゃんへの愛が本当に深くて、ものすごくよく観察されていることが、よくわかりました。マルとオレオが家族になったきっかけや、名付け秘話、それぞれの性格の違いにまつわるエピソードなどなど、マルオレちゃんのことを話し出したら、もう止まらない!という勢いで、とっても盛り上がったんですよ。

あざといオレオ

M:一方で、マルオレちゃんが保護猫だということもあって、保護猫活動への思いも話されていましたね。今は、新型コロナ感染防止のため、設置はしていないそうですが、ご自身のコンサートでは活動の一環として募金箱を設置しているそうです。
H:それで今回の『マルとオレオと藤あや子』も本の売り上げの一部を、動物愛護団体に寄付することになったんです。マルオレちゃんのことをご自身が紹介することで、より多くの方に保護猫への関心を持っていただきたい、という思いもひしひしと伝わってきました。
I:わあ、本当に愛情深い方なんですね。
M:そうなんですよ。マルオレちゃんの可愛さばかりか、藤さんのお人柄の良さに、私たちもうすっかり3人(2匹とお母さん)のファンになって帰ってきました。こんな「お母さん」の愛情いっぱいに育てられて、マルオレちゃんは幸せだろうなあと思います。

マルオレ食堂

I:なるほど! 写真は全部、藤さんが撮ったものですよね?
H:そうなのよ。藤さんがこれまでに撮ったマルオレちゃんの写真を、一度全部見せていただいたんですが、もうどれもこれも可愛くて! 愛情をもってカメラを向ける藤さんと、安心して撮られているマルオレちゃんの関係性が伝わるいい写真がたくさん。
M:でも表紙の撮影の時だけはカメラマンがお邪魔して撮ったんですよ。そうしたら、マルくんがちょっとビビってしまって、大変でした。
I:知らないオジサンがやってきて、大きなカメラを向けられたから、怖かったのかな。
H:マルくんがイヤイヤするようにお母さんの方に顔をうずめて。でもその様子がまた可愛くて、皆で思わず笑顔になっちゃいました。一方、オレオちゃんはそんな時でも、凛としていて、まさに女優の風格。双子の性格の違いがまた面白くて、撮影中ということも忘れてほっこり。
I:いいなあ。私も撮影に立ち会いたかったなあ。
M:実はその時のマルくんの可愛い写真も、この本の中に入っているんです。

表紙撮影のサブ

H:今回の写真集、160ページ分に渡ってマルオレちゃんの魅力がたっぷり詰まっているので、絶対おすすめです。藤さんの笑いを誘うコメントも見所のひとつなので、それも感覚的にぱっと目に入るように、デザインも工夫したんですよ。ぜひ多くの方に楽しんでいただきたいです!



ありがとうございます!次回もお楽しみに!
16
世界文化社の公式noteです。書籍の発行情報やnoteオリジナル連載など。