息子の帰宅後の儀式は毎日10分の手洗い
見出し画像

息子の帰宅後の儀式は毎日10分の手洗い

小2の息子は自閉スペクトラムの診断を受けています。

今回はこだわり強めな息子が
学校から帰って毎日10分ほど時間をかけ、
手洗いうがいをしているお話です。


息子は感覚過敏があるため、
食事中に少しでも手が汚れたら
ウェットティッシュで何度も拭くなど、
昔からキレイ好きなところがありました。

なのでもともと手洗いはしっかりしていたのですが、
1年生の2学期の終わりくらいから時間が増えていきました。

最初は
「しっかり洗っててエライな~」
なんてのんきに思っていましたが、

どんどん時間が長くなっているので
ちょっとやり過ぎでは・・
と思ってしまいます。

しかも1回の手洗いで使う
ハンドソープの量が半端ない。

4~5回くらいプッシュして
泡もこもこ。

爪の間や手首まで念入りに洗います。

それを5~6回繰り返し。


手洗いがやっと終わったところで、
次はうがい。

大きめのコップに並々と水をためて
それがなくなるまで何度かうがいをするのが1回のカウント。

うがいも5~6回繰り返し。

これでトータル10分ほど。

ハンドソープは3日でなくなるし、
水もジャージャー出すからもったいないし、
服がびしゃびしゃになって着替えるから洗濯物が増えるし・・

親としてはもっと適当でいいじゃんと言いたいのですが、
特性やこだわりゆえにそれができない。


息子にとってこの手洗いは、
学校から家に帰ってきたときの
”切り替えの儀式”なのかなって気がします。

今までいろんなこだわりがあったけど
どれも何年も続くことはなく、
気づけばやらなくなったな・・
ってことがほとんど。

だから今回の手洗いも
「あの時こんなことしてたよね~」
と笑い話にできる日がいつかきっとくる。

息子の気が済むまでできるように、
わたしは温かく見守ろうと思います。


ありがとうございます♡嬉しいです!
「ママがママを支えていく」をテーマに、発達障害やグレーゾーンのお子様を持つ親御さんや子どもに関わるおとなたちに向けて学びと交流の場作りをしています。