鉄道好き中学生との思い出
見出し画像

鉄道好き中学生との思い出

私が関東の中学校で勤務していた時のこと。

3年生T君との思い出です。

皆だるそうにしている夏休み明けの授業。
宿題を回収し、授業を始める前に話したのは、
私の実家がある九州への交通手段についてでした。

その年、【寝台列車】で帰省した私。

乗り心地や人の乗り降りの様子など、
感じたことを語りました。

皆、ふ~ん。という面持ちで聞いていたのですが、
ひとりだけ目がキラキラし始めた生徒がいました。

それがT君です。

その当時は、教師間で発達に関する共有はしていませんでしたが、
今思い返せば、彼はグレーゾーンだったように思います。

成績が良くて正義感が強かったのですが、
融通が利かずクラスの輪に馴染めない様子でした。

授業が終わり、教壇でプリントの整理をしていたら、
「先生は寝台列車を選んだのですね!すごいです!!」
と、T君が駆け寄ってきて誉めて(?)くれました。

彼から話しかけられるのが初めてだったので、
私はとても嬉しくて、一緒に職員室まで話しながら歩きました。

「またね」と彼に声をかけ、私は職員室に入り、
次の授業の準備をして職員室を出ると、T君がまだそこに。

「先生、寝台列車は…」
と話が続きます。

次の教室の途中まで送ってもらい、
「あと1分でチャイムなるから戻りなよ!」と別れました。

授業が終わり、職員室に戻ると廊下に、T君。

昼休みも、職員室前の廊下に、T君。

その日の休み時間は、ずっとT君と電車の話をしました。

会話の詳細は忘れてしまいましたが、
私の単純な質問に詳細な解説付きで答えてくれたり、
彼自身が電車のどこに魅力を感じているのかを語ってくれたり。

私は、話題が次々と溢れてくる彼の様子を隣で見ていて、
好きなものに熱中する姿がとても眩しかったのを覚えています。


【京急の運転手になる】
と進路希望調査で書いていたT君。

鉄道系の高校に進学したので、
いつか会えるかな~と楽しみにしています。


うれしい!私も読みにいきます^^
「ママがママを支えていく」をテーマに、発達障害やグレーゾーンのお子様を持つ親御さんや子どもに関わるおとなたちに向けて学びと交流の場作りをしています。