見出し画像

有楽町と新橋の間、東海道新幹線ガード下に残る誰も通らない謎の通路「西銀座JRセンター」を歩く

当記事は2009年に東京都千代田区にある「西銀座JRセンター」を訪問した時のレポートを加筆修正、未掲載写真を増量した上で再公開しているものです。現在は通路が閉鎖され立ち入り不可能になっています。ご注意下さい。

神田、東京駅、有楽町、新橋…山手線東側のこの四駅間を通るガード下には「戦後の空間」が息づいている。JR有楽町駅と新橋駅の間に不気味なガード下通路があるという話を聞きつけてやってきた我々取材班。東京広しと言えども、謎のガード下通路というジャンルではこの「西銀座JRセンター」に勝る存在はないだろう。

ここは一部のマニアにはよく知られている所らしいが、その存在意義自体が不明で本当にマイナーな「謎の通路」であるということを現地を見て改めて実感した。なにせ東京を代表する超々一等地であるはずの銀座・有楽町の一角に存在する「謎の通路」なのである。東海道新幹線ガード下の「新橋方面近道」「西銀座JRセンター」と書かれた看板が目印だ。ちょっとした“非日常感・高級感”を求めて“銀ブラ”にやってくる方々の目にも、恐らく止まる事もない。

この続きをみるには

この続き:3,323文字/画像25枚

有楽町と新橋の間、東海道新幹線ガード下に残る誰も通らない謎の通路「西銀座JRセンター」を歩く

逢阪

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8
DEEP案内編集部のnoteです。サイトで書くのを憚られる内容の濃い目のネタを有料配信中。興味ある方のみお読み下さい(内容によっては高額です。購入前にご確認を。後で文句言われても対応できません)。【重要】ここで得た情報の内容は、決してツイッター等のSNSで口外のないよう。