【ラブホ列伝】大阪・京橋の怪しい盛り場にそびえる孤高のレトロラブホ「富貴」に連泊してきた(追記・追加写真あり)
見出し画像

【ラブホ列伝】大阪・京橋の怪しい盛り場にそびえる孤高のレトロラブホ「富貴」に連泊してきた(追記・追加写真あり)

関西、特に大阪には首都東京ですら歯が立たないような超絶な存在感を誇るレトロなラブホテルが現役で当たり前に生きていたりする。ともかくソッチ方面の文化は関西は特に強いし、失言宰相の異名を持つ森喜朗氏だって「低俗な風俗産業も必ず大阪から生まれる」とか言っていたし、低俗とは語弊があるが、まあ考え方によっては大阪はそういった文化の本場なのかも知れないよね。

で、やってきたのは大阪の京橋。十三と並ぶ大阪市内屈指のオヤジタウンですね。駅前には凄まじい密集度でオヤジ向けの居酒屋やソッチ系の怪しげなお店やらが立ち並ぶ少し怪しげな繁華街が形成されている。グランシャトービルを抜けた先の京橋東商店街のアーケードを外れた所に、レトロラブホの殿堂とも言えるべき物件が二軒近接している。

この続きをみるには

この続き: 3,494文字 / 画像29枚

【ラブホ列伝】大阪・京橋の怪しい盛り場にそびえる孤高のレトロラブホ「富貴」に連泊してきた(追記・追加写真あり)

逢阪

150円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
逢阪

当方も目下のコロナ禍で収入がガクっと減ってしまい取材活動に支障を来しておりますが、編集部長逢阪の命ある限り執筆を止める事はございません。読者の皆様からの応援が当編集部にとって心強い励みになります。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

DEEP案内編集部のnoteです。全て100円からの有料記事ですが内容によっては高額です。購入前に趣旨をご了承頂いた場合のみご利用下さい。後対応不可。【重要】記事の内容は購入者個人でお楽しみ下さい。第三者や不特定多数への再送信は著作権法違反として法的措置対象となります。