逢阪
【ラブホ列伝】大阪天王寺区「ジョイフルクラブ」(旧・ホテル延若)が古臭すぎて腰が抜けた
見出し画像

【ラブホ列伝】大阪天王寺区「ジョイフルクラブ」(旧・ホテル延若)が古臭すぎて腰が抜けた

逢阪
【注意】当ページで紹介しているオンボロラブホテル「ジョイフルクラブ」は2014年頃に廃業した模様で現存しません。2015年時点のストリートビューで建物の解体を確認しました。ご了承下さい。

ラブホテルというよりも「連れ込み旅館」と呼んだ方がしっくり来るような超オンボロレトロラブホテルに出くわす瞬間がある。敷居を跨ぐと昭和の世界にタイムスリップ、容赦なく非現実感が貴方を襲う事だろう。で、こういう思いをするのってだいたい大阪に行った時が多いんですが…

やってきたのは谷町九丁目駅の近く。地元の人間はタニキューとか言って略してますけどな。谷町筋と千日前通が交わる谷町九丁目交差点の南西一帯に「生玉町」という区画があり、生國魂神社という由緒正しい神社がございまして「いくたまさん」などと呼ばれてるんですが、イクタマという言葉の響きに釣られてか周囲はエロエロゾーンと化しており漏れ無くラブホテル街です。

この続きをみるには

この続き: 1,937文字 / 画像19枚

【ラブホ列伝】大阪天王寺区「ジョイフルクラブ」(旧・ホテル延若)が古臭すぎて腰が抜けた

逢阪

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
逢阪

当方も目下のコロナ禍で収入がガクっと減ってしまい取材活動に支障を来しておりますが、編集部長逢阪の命ある限り執筆を止める事はございません。読者の皆様からの応援が当編集部にとって心強い励みになります。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

逢阪
DEEP案内編集部のnoteです。全て100円からの有料記事ですが内容によっては高額です。購入前に趣旨をご了承頂いた場合のみご利用下さい。後対応不可。【重要】記事の内容は購入者個人でお楽しみ下さい。第三者や不特定多数への再送信は著作権法違反として法的措置対象となります。