見出し画像

沈黙のレジ前

出勤前に隣のコンビニでコカコーラを買うのが朝の日課。
今日は、僕の前にひとりの少女が並んでいた。少女の前の客の会計が終わり、彼女の番になった。彼女はペットボトルの麦茶と100円玉を差し出した。レジの女性がバーコードを読みとるとピッという音が無関心に響く。
126円と、液晶に映る。
まさかっ!と僕は思う。おそらく少女も、そしてレジの女性も。
しばらく沈黙する少女に、「百円じゃ買えないのよ。」と、優しく諭すレジの女性。言葉にされたことにより「100円では買えない」という事実は、"決定事項"として少女に突きつけられた。レジの女性の優しさは、皮肉にも無情さを助長していた。
少女の足がリズム良く地面をタップし始める。
「100円では買えない」という事実をその小さな身体いっぱいで受け止めようとするが、イラだちと不安を抑えらずに溢れ出したのだろう。
あと26円、、、。僕にとっては出せない金額ではない。ただ、"彼女にとって良い事"とは何だろうか。

時が止まったような沈黙の中で、僕は彼女の小さな背中を見つめながら考えた。

つづく

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
4
1984年3月に静岡で産声をあげ、現在は東京で猫に餌をあげる日々 できるだけ囚われずに、ただただ、いま心に浮かんだことを綴ろう 掴みそこねて消えてしまう前に... / 株式会社ニエンテ代表・切絵作家