見出し画像

五行易補助教材 質疑応答集①

はじめに

この『五行易補助教材 質疑応答集①』はメールでの通信問題という形での生徒さんとのやり取りをまとめたテキストになります。

なぜ、このテキストは出そうかと思ったかと言いますと、この生徒さんは何せ五行易初心者の方だったので、基本から噛み砕いて説明して行かざるを得ません。

そのやり取りの中で生徒さんに教えていくなかで、結果的に内容が深く濃くなり非常に興味深いものになっていきました。

なので、このまま眠らせて置くのはもったいないと思い、みなさんとシェアしたほうが良いと思ったからです。

内容的には、初心者でもギリギリ読めるとは思いますが、理解を深めるためには『五行易基礎 完全版』は最低でも読んで置いたほうが良いと思います。

※ちなみに私のテキストの読んでいく順番を整理しますと、『五行易基礎 完全版』→『五行易実践編①』→『五行易実践編②』→『五行易改善マニュアル』→『マニアック五行易 象意編』→『マニアック五行易 応期編』となります。

で、私は大々的には生徒(弟子)はとらない主義で、教えるかどうかは五行易で占ってから決めます。

つまり縁がある人だけにしか教えません。

なぜなら、私との縁が無いと、五行易を理解出来る前に離れていってしまうからです。

また、私の命式的に今の大運は少しのんびりしたい時期(安定した時期でもある)であり、あまり積極的に生徒を増やす時期では無いのです。

なので、現時点ではブログやnoteをネットでマイペースに公開していった方が、大運の流れに合っているのでこのような活動になっているわけです。

現在の大運は、小山内式四柱推命で言うところの印と食傷の調和と五行の調和のみです。

※六親五類で言えば、印は父母、食傷は子孫、官殺は官鬼、財は妻財です。

この調和の場合には、マニアックでオリジナルな活動をするのですが、内向きの性質があり、あまり積極的に外に出て行く時期ではないのです。
あと4、5年すれば、ダブルの調和(印と食傷、財と官殺)が起こる大運に入りますので、その時には積極的に生徒に教える時期かも知れません。

でも、途中で気が変わるかも知れないので、その時はよろしくお願いします(笑)


話は戻りますが、このテキストのおすすめの使い方を説明します。

①最初に問題だけを読む

②手計算で装卦する

③問題を解く

④回答を読み答え合わせをする

⑤生徒との質疑応答を読み理解を深める

まあ、生徒になったつもりで、自力で問題を解いてから答えを見ていくということですね。

軽い思いつきでこのテキストを書き始めたのですが、久しぶりにメールを見返してみると内容が濃すぎる上に長くなってしまったので、たった5問分しか作れませんでした(汗)

なので、いくつかに分割して販売することにしました。


それでは、問題1に行ってみましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

問題1(大黒天から生徒へ)

ある男性は職場の同僚で気になっている女性がいました。
問いは「この女性と付き合えるか?」です。
本人がコインを振って、寅月庚辰日に水地比が坤為地に変わる卦を得ました。

結果がどうなったかを現在の自分のわかる範囲内の知識でいいので判断してください。
また、どうやってその判断に至ったかを説明してください。

とは言っても、いきなりは難しいと思いますので、ヒントを出します。

①用神を選定する
②月日の五行が用神に対しての影響(相生、相剋)を見る
③用神と世爻の関係を見る
③卦中の原神(用神を生じるもの)、忌神(用神を剋するもの)、仇神(原神を剋するもの)の強さ、動きを見る(特に動爻が重要)
④六合卦(引っ張り合う、安定)から六冲卦(離れる、不安定)にわざわざ変わっているので、その意味も加味する
⑤それらを総合的に見て、吉凶を判断する

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

画像1

生徒の回答(生徒から大黒天へ)

①用神について
男性が女性に対する恋愛についてですので、「妻財」だと思います。


②用神に対する月建・日晨の関係
月建が「寅」なので五行が「木」に対して、用神が「子」なので五行が「水」。
相生の関係なのでいい関係ではあるが、木が水に相生される(パワーを吸い取られる)ので、用神は弱められる。
※この記憶はちょっとあいまいです。間違っていたらご指摘ください。

日晨は「辰」なので五行が「土」に対して、「子」が「水」。
土が水を相剋するので弱められる。


③-1用神と世爻の関係
これはわかりませんが...
この場合、世(自分)の卯木と用神(妻財)の子水の関係であれば、水生木で強められるかなと思いました。
この時、応(好きな相手)もみるのでしょうか?


③-2卦中の原神、忌神、伏神
これまたよーくはわからないのですが、
原神、忌神、伏神は動爻の時に動き出すということで、
五爻が動爻なので、忌神が強くなり、用神が弱まる・・・でよろしいでしょうか。


④六合卦、六冲卦について
本卦は六合卦(初爻土-四爻金、二爻火-五爻土、三爻木-上爻水)なのはわかったのですが、之卦は五爻が亥水になっただけで、六冲卦になってしまうのでしょうか。アドバイスお願いします。


⑤総合判断
以上を見ると、相談者は残念ながらかなわないと判断しました!
どうでしょうか?!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

答え合わせ(大黒天から生徒へ)

①用神について
男性が女性に対する恋愛についてですので、「妻財」だと思います。

正解です。

②用神に対する月建・日晨の関係
※この記憶はちょっとあいまいです。間違っていたらご指摘ください。

月建が「寅」なので五行が「木」に対して、用神が「子」なので五行が「水」。
相生の関係なのでいい関係ではあるが、木が水に相生される(パワーを吸い取られる)ので、用神は弱められる。
※この記憶はちょっとあいまいです。間違っていたらご指摘ください。

用神は水で月の木を生じる関係ですが、卦の五行から月日の五行を生じたり、剋したり出来ません。
高度な内容になってくれば関係してきますが、とりあえず今は基礎の段階なので、現時点では月からの影響はないと考えてください。


日晨は「辰」なので五行が「土」に対して、「子」が「水」。
土が水を相剋するので弱められる。

そうです。
ということで、月からは生じられず、日から剋されて、月日からの関係から見れば、用神は弱い状態にあります。


③-1用神と世爻の関係
これはわかりませんが…
この場合、世(自分)の卯木と用神(妻財)の子水の関係であれば、水生木で強められるかなと思いました。
この時、応(好きな相手)もみるのでしょうか?

基本的に恋愛占いの場合は、応爻も参考にします。
応爻は相手の気持ち、相手側の状態を表すことが多いです。
この場合は相手の意味のある応爻に妻財があり、水が木を生じて相手の女性もある程度その気があると判断します。
また、世爻の官鬼を生じる関係なので悪くはないですが、日に剋されて弱いので木を生じる力はありません。

③-2卦中の原神、忌神、伏神
これまたよーくはわからないのですが、原神、忌神、伏神は動爻の時に動き出すということで、五爻が動爻なので、忌神が強くなり、用神が弱まる・・・でよろしいでしょうか。

なかなか筋がいいですね。
この卦では五爻の兄弟が動爻になっています。
これは、忌神が積極的に動いて用神を剋して弱めるのです。
動爻は静爻に対して、作用を及ぼす力が非常に強いですから、五行易では重要視します。

また原神の子孫申金が、月の寅から冲されて(相冲関係)になり月破となります。
これは、申金のエネルギーが寅木のエネルギーに攻撃されて、破れる、散らばる、バラバラになるということで、用神の妻財を強める力がないということになります。
ただ、この場合は木→金ということで、影響は少ないです(金→木の方が影響が強い)。

しかし、申金は空亡でもあり、これはエネルギーが無い、実体化していないという意味になり、月日からの五行の助けも受けれないということで、申金はもっと弱くなります。


④六合卦、六冲卦について
本卦は六合卦(初爻土-四爻金、二爻火-五爻土、三爻木-上爻水)なのはわかったのですが、之卦は五爻が亥水になっただけで、六冲卦になってしまうのでしょうか。 アドバイスお願いします。

すみません。
水地比は帰魂卦(きこんか)の間違いでした(汗)。
なので、この場合は帰魂卦→六冲卦です。
五爻の兄弟が動爻になると、陽爻が陰爻に変わるので、之卦が坤為地に変わります。
ただし、動爻から変化した六親、地支しか判断に使わないので注意が必要です。

六冲卦は不和、闘争、不安定の意味を持っています。
之卦(変卦)は物事の結果を表すことが多いので、恋愛、結婚運などの場合に出るのは良くないです。

ついでに申し上げますと、六合卦というのは、初爻と四爻、二爻と五爻、三爻と六爻(上爻)の十二支同士が相合関係になる組み合わせです。

六冲卦はその逆で、各十二支が相冲関係になるものです。


⑤総合判断
以上を見ると、相談者は残念ながらかなわないと判断しました!
どうでしょうか?!

この続きをみるには

この続き: 40,048文字 / 画像13枚

五行易補助教材 質疑応答集①

大黒天@五行易

1,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
12
『現役占い師の気分を良くするブログ』を運営している占い師の大黒天です。専門にしている五行易や占いなどについての情報を発信をしていきたいと思います。