見出し画像

『STARTUP 優れた起業家は何を考え、どう行動したか』

はじめまして。井上大智と申します。

5/29(金)にNewsPicks PublishingからSTARTUP 優れた起業家は何を考え、どう行動したか(著: 堀新一郎琴坂将広井上大智)という本が発売されます。

共著者の1人として、本書を紹介させてください。

1. どんな本なのか

本書はタイトルにあるとおり、スタートアップ起業に関する書籍です。
YJキャピタル 代表取締役社長である堀さんからのお声がけをきっかけに、本書のプロジェクトは始まりました。

では、何を目的に本書が創られたかというと、それは端的に、
「日本に起業家を増やすため」です。

これまでも「起業」に関する書籍はたくさんありました。では、本書はそれらと何が違うのか。

その1つの答えは、書籍のタイトルに表れています。
本書は、『優れた起業家は何を考え、どう行動したか』という、起業家個々人のストーリーをまとめ、ベンチャーキャピタル(堀さん)、経営学者(琴坂さん)の視点から、これらを体系化したものです。

「体系的な知識」と「豊富な事例」が両方揃った本を読者のみなさんにお届けすることに本書はこだわり抜いた。事例だけだと学びが薄いし、知識だけだと具体性がなく実践的ではないからだ。(「はじめに」より)

抽象的な概念のみをまとめた本でもなければ、起業家の方々とのQ&Aを記したインタビュー本でもない。

体系化された知識と実践的な事例を往復する点に、本書の価値があると思っています。

2. 何を伝えようとしているのか

では、この本では何を伝えようとしているのか。
それは起業家は定石をいかに実行したのかというストーリーです。

ここでいう定石とは何か。少しわかりにくいと思うので、まず本書の章立てを記載します。

はじめに スタートアップ業界の内側に閉じたノウハウを開放する
第1章 アイディアを見つける
第2章 最初の仲間を集める
第3章 プロダクトを作り、ユーザー検証する
第4章 ユーザーを獲得する
第5章 資金を調達する
第6章 起業するということ

ここにあるように本書では、「事業アイディアをいかに見つけるか」(第1章)から、「さらなる成長のため、資金をいかに調達するか」(第5章)という部分まで、起業の段階ごとに構成されています。

では、たとえば「ユーザーを獲得する」(第4章)の段階における定石とは何でしょうか。本書の中では(一部分ですが)以下のように説明されています。

...細かい手段の話に入る前に、ユーザー獲得の本質について最初に共有しておきたい。それは「一人でも多くのターゲット顧客を、1円でも安く獲得する」ことだ。

定石は鉄則と言い換えてもいいかもしれません。

ただ、実際に様々な起業家の方々にインタビューさせていただいて感じたことは、いかにこの定石(鉄則)をやり切ることが難しく、そして重要なのか、ということです。

よって繰り返しになりますが、本書では、起業家は定石をいかに実行したのか、その試行錯誤のストーリーを伝えることに重点を置いています。

3. 何が書かれているのか

では、上記のストーリーを伝えるため、この本の中では何が書かれているのか。

本書では、各章ごと、つまり起業の各段階ごとに抑えなければならない要点(リード文)と起業家のリアルなストーリー(ケーススタディ)がセットになっています。

といってもイメージが難しいと思うので...以下にゲラ段階でのイメージを載せておきます(第1章「アイディアを見つける」冒頭部分)。

リード文

画像3

ケーススタディ
ビジョナル株式会社(ビズリーチ)の事例

画像3

章ごとに、抑えなければならない要点の説明と4〜6社分のケーススタディが掲載されています(その結果、本書は500ページを超えました...)。

ケーススタディにおいては、すでに一般公開されている情報(記事など)を網羅的に収集し(合計約460件の記事を収集)、これらをインタビュー内容と接合する、という方法で作成しました。

起業の各段階において重要な点と、各企業の事例とを往復して読むことで、起業を志す(あるいは関心のある)読者の方々に、より具体的な知識の具材を提供できるのではないかと考えています。

4. 誰が登場しているのか

本書は、何よりも、多くの起業家の方々のご協力の上に成り立っています。

以下、本書に登場していただいている17名の起業家の方々を、サービス名とともにご紹介させていただきます。(ご登場いただく順番にご紹介していきます)

起業家名_一覧_1_2

上記のように、主にインターネットサービス領域で著名な起業家の方々にインタビューをさせていただき、本書ができ上がりました。

様々な形でご協力いただいた起業家の方々に、この場を借りて改めてお礼申し上げます。本当にありがとうございました。

5. おわりに

本書の「はじめに」には、以下のような記述があります。

スタートアップ業界を内側から眺めると、そのコミュニティがとても狭いものであることに気付かされる。実は、優れた起業家は同じコミュニティで互いにノウハウを交換している。しかし、コミュニティの外にいる人にとっては、中でどのようなノウハウが交換されているのか知るよしもない。

本書はまさに、これまで特定のコミュニティ内で共有されていた知見を、可能な限り忠実に描写、分析し、広く届けることを目指した1冊です。

起業やスタートアップにご関心のある、1人でも多くの方々に、本書を手にとっていただけると嬉しいです。

(5/29更新)
本書の「はじめに」と第1章「アイディアを見つける」前半部の全文を公開しました。以下のリンクからご覧いただけると幸いです。

6. 出版記念トークイベント "STARTUP LIVE"

現在、本書出版を記念したトークイベント"STARTUP LIVE"を企画中です(Youtube LIVEにて)。

本イベントでは、書籍にご登場いただいた起業家の方々をお招きし、皆様からいただいたご質問を元に、著者である堀新一郎氏、琴坂将広氏と起業家の3名でライブ対談を行います(現時点では約30分間の配信を予定しております)。

現在、以下の方々にご登場いただけることが決定しています!(6/15時点)

開催済
5/25(月) 21:00〜
 有安伸宏氏 (起業家・エンジェル投資家)
 Youtube LIVE(アーカイブ): https://youtu.be/zIiuJ9yg1TU
5/29(金) 22:00〜 
 古川健介(けんすう)氏 (アル株式会社 代表取締役)
 Youtube LIVE(アーカイブ): https://youtu.be/xzrG6eUXc3A
6/2(火) 21:00〜 
 福島良典氏 (LayerX 代表取締役社長)
 Youtube LIVE(アーカイブ): https://youtu.be/85ZWBt3KWCk
6/5(金) 21:00〜 
 赤坂優氏 (franky株式会社 代表取締役、株式会社エリオット 代表取締役)
 Youtube LIVE(アーカイブ): https://youtu.be/Bi7l1q0742o
6/8(月) 21:00〜
 佐藤裕介氏 (ヘイ株式会社 代表取締役社長)
 Youtube LIVE(アーカイブ): https://youtu.be/uKEk1xHUeY0
6/9(火) 21:00〜
 庵原保文氏 (株式会社ヤプリ 代表取締役)
 Youtube LIVE(アーカイブ): https://youtu.be/LY8K-_QRAm0
6/11(木) 21:00〜 
 中川綾太郎氏 (株式会社newn 代表取締役)
 Youtube LIVE(アーカイブ): https://youtu.be/gtcFL_WuGWw
6/15(月) 21:00〜
 堀井翔太氏 (起業家)
 Youtube LIVE(アーカイブ): https://youtu.be/UbJ03GZA1D0
6/17(水) 21:00〜
 鶴岡裕太氏 (BASE株式会社 代表取締役CEO)
 Youtube LIVE(アーカイブ): https://youtu.be/wQ9gv-hWeTs
6/24(水) 21:00〜
 松本恭攝氏 (ラクスル株式会社 代表取締役社長CEO)
 Youtube LIVE(アーカイブ): https://youtu.be/tBpf5FW8IU0
6/25(木) 21:00〜
 倉富佑也氏 (ココン株式会社 代表取締役社長)
 Youtube LIVE(アーカイブ): https://youtu.be/CFuYVNkM3tU

新たに決定次第、本ページを更新していくため、ぜひご確認ください!

+α 登場起業家 ご紹介記事


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
240
慶應義塾大学大学院修士2年。NewsPicks編集部インターン。学部在籍時より琴坂将広研究室に所属し、新興企業の経営戦略に関する研究を行っている。共著に『STARTUP 優れた起業家は何を考え、どう行動したか』(NewsPicksパブリッシング)がある。論文を読む時間が一番幸せ。

こちらでもピックアップされています

『STARTUP 優れた起業家は何を考え、どう行動したか』
『STARTUP 優れた起業家は何を考え、どう行動したか』
  • 20本

『STARTUP 優れた起業家は何を考え、どう行動したか』(堀新一郎、琴坂将広、井上大智)についてのコンテンツを集めたマガジンです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。